視力に良い栄養素 ビタミンB群

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
視力 ビタミンB

今日のお題は視力に良い栄養素、ということでビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12といったビタミンB群についてです。

 

時間の都合で、ナイアシンとパントテン酸、それから養蚕にビオチンは後日に情報をシェアさせて頂きます、ご了承下さいm(_ _)m

 

 

 

1 ビタミンB1の視力における効果

 

 

まず、ビタミンB1は視神経の信号伝達に必要とされています。

 

また、B1は神経細胞内に存在し、中枢神経や末梢神経を正常に保つ役割を持っています。

 

脚気はビタミンB1が欠乏した代表的な症例で、ビタミンB1が欠乏すると糖質の燃焼がうまくいかなくなり、乳酸などの疲労物質がたまってしまい、疲れやすくなります。

 

B1を効率良く吸収できる食物として、玉ねぎ、長ねぎ、ニンニクがあります。

 

また、ニンニクにはB1を長持ちさせるアリシンという成分が含まれています。

 

ビタミンB1の必要量は成人男性で1.0~1.4㎎、成人女性0.8㎎~1.1㎎となります。

 

2 ビタミンB2とビタミンB12の視力における効果

 

ビタミンB1の次は、ビタミンB2とビタミンB12が、視力においてどのような効果を発揮するのか、情報をシェアさせて頂きます。

 

一度に二つの情報をシェアするのは、このビタミンB2とビタミンB12の視力における効果が、似通っている部分が多いからです。

 

まず、B2とB12は疲れ目や眼精疲労の解消、炎症の軽減に役立ちます。

 

B2は細胞が再生、あるいは新生する際に必要な栄養素です。

 

また、抗酸化力が高いので、ビタミンB2は脂肪が酸化されてできる過酸化脂質を分解し、動脈硬化などの病気を予防してくれます。

 

ビタミンB2は各レバー類に多い栄養素ですが、他にはウナギ、サンマ、サバ、イワシなどの魚介類、牛乳、ヨーグルトといった乳製品に、納豆に多く含まれています。

 

また、ビタミンB12が欠乏すると赤血球の成長がうまくいかなくなり、巨大で、働きの悪い赤血球ができあがってしまいます(悪性貧血、という病気です)

 

私達の身体は24時間サイクルで睡眠と覚醒のリズムを刻んでいますが、これをコントロールするのがメラトニンというホルモンです。

 

このメラトニンというホルモンの分泌を、ビタミンB12が調整しています。

 

さらに、私達の脳の中枢神経から末梢神経まで、情報がしっかり伝達されるには、各種ビタミンが必要で、ビタミンB12もその一つです。

 

ビタミンB12が不足すると末梢神経障害が起こるので、神経の保護に活用するため、メチコバールという商品名で、緑内障対策の薬剤として開発されています。

 

ビタミンB12はレバーや魚介類といった、動物性食品のみに含まれているビタミンです。

 

3 ビタミンB6の視力における効果

 

最後に、ビタミンB6について情報をシェアさせて頂きます。

 

ビタミンB6はアミノ酸の代謝や神経伝達に用いられる栄養素で、目の細胞の材料となるタンパク質の吸収を補助します。

 

眼精疲労と目の炎症に効果があり、目以外にも貧血や鬱病、肌荒れに効果があるとされています。

 

ビタミンB6は腸内細菌によっても作られていますが、それだけでは足りません。

 

ビタミンB6にはビタミンB2の助けが必要ですので、一緒に摂取すると効率が良くなります。

 

薬局で市販されている目薬にはこれらのビタミンB群が配合されている事が多く、サンマ、イワシ、マグロ、牡蠣、アサリ、ウナギといった海産物に多く含まれています。

 

海産物以外では、納豆、豚肉、バナナ、ピーナッツなどにも含まれます。

 

注意点としてビタミンB6は、極端な過剰摂取を長期間続けると、手足の痺れや神経障害が発生することがあげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています