仮性近視(偽近視)と照明

目安時間:約 13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

仮性近視近視は目の代表的なトラブルの一つですが、原理的には網膜(カメラで言うとフィルム部)でうまく焦点を合わせられないことによって起こります。

 

近くのものはよく見えても、遠くのものがぼやけて見える、という症状です。

 

近視の種類については、あなたとすでにシェアしていますが、大別すると二種類(核性近視もありますが、ここでは割愛します)あります。

 

まず、仮性近視。

 

別名では、偽近視とも呼ばれます。

 

 

 

1 近視について

 

これは毛様体(カメラで言う所のピント)が固まってしまう事で、遠くのものが見えづらくなります。

 

仮性近視の状態で毛様体が固まっているのは一時的なものですが、この状態で放置すると近視はどんどん進行します。

 

毛様体が固まっていくと、仮性近視は屈折性近視と呼ばれる段階に至ります。

 

仮性近視の中に屈折性近視も含んで考えるケースもあるので、大別すると二種類、となりますが軽くシェアさせて頂きます。

 

まだこの段階であれば、近視は改善しやすいと言えるでしょう。

 

ただ、屈折性近視を放置しておくと、仮性近視(軸性近視)になってしまうので、この段階までには、遠方を眺める遠方凝視訓練や、これまであなたとシェアしてきたストレッチなどを行い、少しでも症状を改善したいところです。

 

もう一つは、目の縦軸(奥行)が伸びて長くなったために起こる、『軸性近視』。

 

こちらは先天的なものが多く、『真性近視』とも呼ばれます。

 

仮性近視を放置すると、近視がどんどん進行する事で真性近視になってしまいます。

 

毛様体(カメラで言う所のピント)が疲れる事で、目の縦軸が伸びきってしまうと、眼球自体が変形して前後に長くなります。

 

すると、近くのものには焦点を合わせやすいのですが、遠くのものはぼやけて見えてしまうのです。

 

ですので、眼球の変形具合が小さい仮性近視ですと、視力回復の可能性は大きく、1.0以上の視力を取り戻すことも可能です。

 

逆に言えば、眼球の変形が大きいと、元に戻すにはより大きな時間がかかりますし、完全に元に戻すのも難しいのです。

 

子どもの視力が、大人と比べて回復しやすいのは仮性近視か真性近視であるかの違いです。

 

子どもが視力を落としても、それは仮性近視であることが多く、逆に大人は近視になって長い年月が経っているため、真性近視であることが多いため、子どもの視力は回復しやすく、子どもと比べると大人の視力は回復しにくいのです(レーシックやオルソケラトロジーのように、角膜そのものに手を加えるのであれば別ですが)

 

そして眼球の変形具合の大小によって、どれくらい回復出来るかが決まってきます。

 

また、近視の度合いによっては失明のリスクが大きくなります。

 

と、ここまでがあなたとこれまでの記事でシェアしてきた内容です。

 

しかし、これは『こうなのではないか?』という視力に関する論の一つであり、実を言うと、視力が低下する理由一つを取っても、確実に『これだ!』という論は無いのです。

 

では何で上記の内容でシェアしたかというと、理由があります。

 

上記の論であれば、真性近視であっても多少は視力が回復できるかもしれない、というのが、私がこの論を掲載した理由です(私自身目が悪いので、裸眼視力が回復する方法があった方が、希望が持てるので)

 

2 仮性近視について

 

ですので、ここでは仮性近視について現在考えられている論をまるっとあなたとシェアしたいと思います。

まず、あなたとシェアした仮性近視(軸性近視、偽近視とも呼ばれる)についてです。

 

この仮性近視は、現れ方が人によって異なります。

 

一つ目は、近視が強まる形で現れるケース。

二つ目は、正視、あるいは軽い遠視の場合、近視になる形で現れるケース。

三つ目が、遠視の方が、遠視が弱まる形で現れるケースです。

 

一番問題なのは、二つ目。

 

眼鏡が必要ない正視の方に眼鏡が必要になる訳ですから、これが最もダメージがでかいのではないでしょうか。

 

それに、三つ目も眼鏡の度が合わなくなりますから、これも中々困ります。

 

もっともこの仮性近視についても様々な考え方があり、

 

  • 仮性近視というものは存在するのだから、きっちり治療(正視に戻す)すべきだ
  • 仮性近視は確かに治療可能だが、治療しても再び仮性近視に戻るのだから費用や時間のことを考えると無意味である
  • 仮性近視というものは存在するが、そもそも治療できるものはほとんどない
  • 仮性近視があるのは普通であり、そもそも治療するようなものではない
  • いや、そもそも仮性近視なるものは存在しない

 

3 仮性近視になる原因

 

と、このように仮性近視一つを取っても、様々な論が存在する訳です。

 

それから、近視になる『原因』についても、実はよくわかっていないのです。

 

現在考えられているのは、『環境』と『遺伝』に加え、『栄養』、『照明』、『睡眠不足』、『体格の変化』など、実に様々な説が出ています

 

ここでは、これまでにもシェアしてきた『環境』と『遺伝』を軽く取り上げ、『照明』についてあなたとシェアしようと思います。

 

『環境』のケースでは、私やあなたが、パソコンやスマートフォン、各種ゲームや読書などで目を疲労させてしまうことで近視になってしまう、と考えられています。

 

こちらの近視は、仮性近視である可能性が高いでしょう。

 

逆に、『遺伝』が原因である場合は、真性近視(軸性近視)である可能性が高く、先述した通り視力が回復する可能性は低いです。

 

もちろん、そもそもこの論に異議を唱えている眼科医の方もいらっしゃいます。

 

幼稚園の26.5%、小学生の30.1%、中学生の53%、高校生の62.8%が、裸眼での視力が1.0未満だと、平成26年の学校保健統計調査ではなっています。

 

学校保健統計調査では、基本的に視力が1.0未満の子どもが増えており、その原因としてパソコン・ゲーム機・携帯電話など、近くを注視することが増えてしまい、『環境』が原因となって近視の子どもが増えているのではないか、と考えられています。

 

ただ、論が色々あるのはわかりましたが、問題は仮性近視・軸性近視になるのをどう防ぐかでしょう。

 

今までも目の筋肉を鍛えたり、血行を回復させる方法などはシェアしてきましたが、基本に立ち返る意味も込めて、普段の生活から近視にならないようにするにはどうすればいいかをあなたとシェアします。

 4 仮性近視対策に正しい姿勢と照明の確保

 

まず、正しい姿勢と明るさの確保です。

 

もう少し具体的に言うと、猫背であったり、寝転んでテレビを見たり、読書をするのは目にとってよくないのです。

 

猫背でモノを見るのは、見る対象の距離が近くなってしまうので、毛様体(カメラで言う所のピント)が固まってしまう=遠くのものが見えづらくなる、という具合に仮性近視になる原因になりえるのです。

 

寝ころんでテレビや読書をするのも同様で、近視の度数が進みかねません。

 

さらには、寝転んで見る、ということはどちらかの目に負担がかかりやすい姿勢になるので、左右での視力差が生じやすくなります。

 

明るさについては、暗い所で本を読んだりゲームをしたりするのは目に負担がかかると言われています。

 

照明は300ルクス以上の明るさが良い、とされていますが、300ルクスと言うのは具体的にどの程度の明るさなのでしょうか?

 

これは、部屋に照明がある、と仮定した場合、その照明以外で、白熱電球であれば40W~60Wの追加の照明が一つ、蛍光灯であるならば15W~20Wの追加照明があれば、300ルクスほどの明るさになるそうです。

蛍光灯は、ちらつきのないインバータ型が良いでしょう。

 

また、蛍光灯には昼光色と電球色の二タイプがありますが、電球色の場合はやや暗く感じることがあるので、昼光色か昼光色+電球色、という具合に一緒に使うと良いでしょう。

 

 5 近視とLED照明

 

さらに、ここ数年でLED照明が普及してきましたが、これまで使用されていた白熱灯と比較した場合、視力にはどのような影響があるのでしょうか。

 

ここで、少しばかり光についての知識をシェアさせて下さい。

 

光は電磁波の一種で、電磁波の長さによって様々な種類に分類される訳ですが、380~780ナノメートルの範囲が可視光となります。

 

波長がこれより短ければ紫外線、長ければ赤外線に分類されます。

 

可視光の中で、400~500ナノメートルのものが短波長、500~600ナノメートルのものが中波長、600~700ナノメートルのものが長波長と分類されます。

 

ちなみに、太陽光にはこれらの波長が均等に含まれていますが、人工の光だと全てが均等に含まれてはいません。

 

従来の白熱灯はこれらの波長を連続的に含んでいますが、長波長が多く含まれていると言われています。

蛍光灯の場合ですと、中波長に青、緑、赤の3つのピークがあり、短波長~中波長が多く含まれていると言われています。

 

LED照明ですと、青緑と赤の2つのピークを持っている種類が多いのですが、このうち青色の部分のピークが他の照明より大きい特徴がある、とされています。

 

ちなみに、人間の網膜は青色の感度があまりよくありません。

 

LED照明には想像よりも多くの青色の光を含んでいるケースが多いのです。

 

近年はLED照明などのエネルギーの強い『ブルーライト』によって、加齢黄斑変性という目の病気を引き起こすのではないかという指摘もあります。

 

ただ、この理論が実際の所はどうかというと、はっきりしたデータが無い、というのが現状です。

 

ですので、現状ではブルーライト対策にパソコン用眼鏡を使用するか、自宅の照明にLEDを避けるべきか、というのはあなた自身がリスクを判断するという段階です。

 

個人的には、ブルーライトが網膜にダメージを与える『リスク』があるので、パソコン使用時等にはブルーライトをカットする眼鏡を使用した方が良いかとは思います。

 

逆に、緑色は目に優しい色です。

室内に観葉植物等を置くと自律神経の興奮を抑える効果も期待出来ますのでお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています