視力回復する人としない人がいるたった一つの理由

目安時間:約 12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

視力回復

これまで二回は、レーシックとオルソケラトロジーという、角膜を変形させたり、あるいは角膜をエキシモレーザーで削ったりすることによって、意図的に視力矯正(視力回復)する方法とそのメリット、デメリットについてあなたとシェアしてきました。

 

今回は、前回の最後で書いたように、外科的な方法を用いずに視力を回復する方法の有無についてシェアします。

 

結論からあなたとシェアしますと、レーシックやオルソケラトロジーのような外科的な方法を用いずに視力を回復する方法はあります。

 

ただし、視力の低い人=強度近視の方が全員、視力を回復させることができる訳ではありません。

 

その方法をあなたとシェアするためには、近視の仕組みについてまずはシェアします。

1 近視になる理由

 

そもそも、どうして近視になってしまうかと言うと、毛様体(カメラで言う所のピント)という目の筋肉が固まってしまう事で、遠くのものが見えづらくなってしまうのです。

 

毛様体筋はカメラで言う所のピントの役割を担っている筋肉で、遠近感を調節する際に、水晶体(カメラで言うとレンズの役割を担う)の厚みを調節します。

 

ですので、近くのものばかり見続けていると毛様体筋が固まってしまい、遠くを見たときに毛様体筋の筋肉を緩められなくなってしまうのです。

 

ゲームや読書、勉強ばかりして目が疲れてしまうと、視力が少しずつ、あるいは急激に悪化してしまうのはこのためです。

 

 

2 仮性近視と真性近視

 

そして、この近視も大別すると二種類あります。

 

まずは、仮性近視。

 

これは毛様体(カメラで言う所のピント)が固まってしまう事で、遠くのものが見えづらくなるのは、先程あなたとシェアした近視の症状と一緒です。

 

違う点は、仮性近視の状態で毛様体が固まっているのは一時的なものである、という点です。

 

この仮性近視の状態で放置してしまうと、近視はどんどん進行してしまうのです。

 

一般的な近視はこちらの仮性近視のタイプです。

 

もう一つは、目の縦軸(奥行)が伸びて長くなったために起こる、軸性近視というタイプ。

 

こちらは先天的なものが多く、真性近視とも呼ばれます。

 

仮性近視を放置すると、近視がどんどん進行する事で真性近視になってしまいます。

 

毛様体(カメラで言う所のピント)が疲れる事で、目の縦軸が伸びきってしまうと、眼球自体が変形して前後に長くなります。

 

すると、近くのものには焦点を合わせやすいのですが、遠くのものはぼやけて見えてしまうのです。

 

視力回復2

 

 

3 視力回復する人としない人の違い

 

この仮性近視と真性近視、どちらも視力が悪化していることに変わりはありませんが、大きく異なる点が一つあります。

 

それは、眼球の変形具合です。

 

わかりやすく言うと、仮性近視は眼球の変形具合が小さく、逆に真性近視は眼球の変形具合が大きい、と覚えておいて下さい。

 

眼球の変形具合が小さい仮性近視ですと、視力が元に戻る可能性が出てくるのですが、眼球の変形が大きい真性近視ですと、元に戻すにはより大きな時間がかかり、完全に元に戻すのも難しいのです。

 

よく、〇〇のトレーニングセンターに行ったら視力が回復した、と宣伝している会社がありますが、回復した方の年齢を見て下さい。

 

子どもが圧倒的に多くないでしょうか?

 

これは、大人よりは子どもの近視の方が、真性近視として固定されていない割合が多く、視力が回復する可能性が高い仮性近視であるためです。

 

ですので、大人の方でも『最近、視力がちょっと下がったように思える』という方は、仮性近視の可能性があるので、視力が回復する可能性はあります。

 

逆に、私のように十数年単位で近視ですと、真性近視の可能性が圧倒的に高いので、視力が回復する可能性はかなり低いと言わざるを得ません。

 

もっとも、私は諦めが悪いので、試行錯誤しながら裸眼の視力の回復を試みていますし、中には長い間近視だったが、メガネを外せるくらいまでには回復した、という例もあるみたいですから、全くの無駄では無いと思います(私が無駄だとは思いたくない、というのも大いにありますが)

 

4 サプリメントを飲むだけで視力回復する?

 

こうして目を外科的に考えていくと、サプリメントを飲むだけで視力が回復する、というのは難しいのではないか、というのが私の感想です。

 

と言うのも、レーシックであれば、目の筋肉が衰えてピントの調節ができなくなったので、レンズの部分にあたる角膜を削ることで視力を調整します。

 

オルソケラトロジーも、夜にコンタクトレンズを装着することで一時的に角膜の形を変え、朝・昼は裸眼でも生活できるようになります。

 

つまり、どちらの方法も外科的に角膜を変形させることで視力を回復させています。

 

サプリメントを飲むだけで、角膜の形が視力を矯正できるよう、うまく変形するかと言うと、もちろんそんなことはありません。

 

あとは、目の筋肉である毛様体を元に戻すことができれば視力も回復するかもしれませんが、サプリメントを飲んだだけでは回復するとは、やはり思えないのです。

 

筋肉なのですから、適切なリハビリをしないと元に戻せない、と私は考えます。

 

プロテイン飲むだけで筋肉がつくなら、アスリートはあんな苦しい思いをしてまでトレーニングを積まないでしょう。

 

ただ、プロテインは飲んだだけで筋肉がつく訳ではありませんが、運動をして飲むのであれば、ただ運動をするよりも筋肉がつきやすいのは事実です。

 

なので、目の筋肉にも適した栄養素があるのではないか、とは考えています。

 

 

5 視力回復のトレーニング方法

 

しかし、一番重要なのは、目の筋肉を鍛えるためのトレーニング方法でしょう。

 

ここを間違えてしまうと、望んだ効果が得られない、というのは有り得ます。

 

先述しましたが、眼球の変形が大きい真性近視ですと、元に戻すにはより大きな時間がかかり、完全に元に戻すのも難しいでしょう。

 

毛様体という目の筋肉が視力にかかわっている可能性があると前回シェアさせて頂きましたが、目の筋肉を鍛えるのであれば、この部分を鍛えるのが視力を上げる可能性が高いと考えられます。

 

この毛様体を鍛えるストレッチはいくつかあります。

 

一つは、人差し指をあなたの目の前にかかげ、その先端に焦点を合わせたまま指を前後に動かしましょう。

 

腕を伸ばして目と指の距離を遠ざけ、あるいは目と指の距離を10cmぐらいまで縮めて行います。

 

遠くと近くを見る間隔が狭ければ狭いほど目の筋肉を緩め、目の筋肉を動かしてくれます。

 

 

二つ目のストレッチ方法が、目を強くつぶり10秒間顔を動かさずに、視線だけで上を見て、同じように下、左、右を見ていく、というものです。

 

実際にテレビでも公開された方法で、こちらのユーチューブでも動画でやり方が公開されているので、あなたも参考にしてみると良いでしょう。

 

 

三つ目のストレッチ方法は、∞の字を3回指で描き、これを目で追うというもの。

目の筋力トレーニングには、緊張をほぐすトレーニングと鍛えるトレーニングがあります。

この方法ですと、緊張をほぐしながら目の筋肉を鍛えられます。

 

筋肉というものは、鍛えると血行がよくなる、という性質があります。

運動すると、身体が全体的にあったかくなりますし、肩などもまわしたり、運動をしたりすれば、こりが解消されます。

ならば、目も運動させることで、周囲の血管の血行が回復する、と考えるのが自然ではないでしょうか。

 

問題は、これが私達に効果がある目の運動なのか、という点です。

 

と言うのも、先程あなたとシェアしましたが、近視には二種類あります。

 

近視になりたての仮性近視と、仮性近視になって長い時間が経過してしまった真性近視です。

 

仮性近視の場合は、眼球の変形が小さいので、子どもの場合には比較的視力が回復しやすい、と聞いています。

 

逆に、私のように十数年以上近視の状態ですと、真性近視の可能性が高く、眼球の変形が大きいと考えられるので、視力が回復しにくいかと考えられます。

 

ですが、世の中の大半の方は、近視になってすでに時間が経過してしまった、私のような方が大半なのではないでしょうか?

 

もう手遅れです、と言われたからと言って、はいそうですかと諦められるような人間であるなら、私はああでもないこうでもないと頭を抱えながらこの文を書いていないでしょう。

 

うまくいくか否かは別として、他に方法はないのかこれからも探ろうと思っています。

 

目の筋肉が衰えるから、筋肉を鍛えてあげることで視力が回復する。

 

論理としては間違っていないはずです。

 

では、なぜ筋肉は衰えたり、鍛えたりすることで能力が向上するのだろうか、とふと疑問に思いました。

ここを次回はもっと深堀してみようかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています