目を効果的に休める三つの方法

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
目の休め方

今回は血糖値についてはお休みさせて貰い(針とセンサーの代金だけでも結構バカにならないので)、今回は視力についての情報をシェアさせて頂きます。

 

あなたとシェアする情報は、目をどのように休めるか、休憩時間の使い方についてシェアしようと思います。

 

 

経理や事務員など、職種によってはパソコン作業を、長時間続けることも出てくるかと思います。

 

パソコンなどの作業に集中した時の問題点は、瞬きの回数が減ることです。

 

その回数は、通常時の1/4ほどに低下します。

 

これらの情報を考えると、適度に休憩時間を置く事が必要になってきます。

 

 

1 目の休憩は20分に一度がベスト

 

 

オススメは、20分に一回休憩をとること。

 

20分に一回の休憩なんて出来ないよ、とあなたは思われるかもしれませんが、1分程度も構いません。

 

1分が難しければ、30秒だけでも休憩時間を置くようにしましょう。

 

パソコン作業はどうして同じ姿勢を続けて、画面を集中して見る作業になるので、目だけではなく、肩や首、さらには腰の筋肉にも負担をかけてしまうのです。

 

ですので、休憩する時には一度席から立つと良いでしょう。

 

そして、窓から外の景色を、山や林などの遠くの緑を見るのが良いでしょう。

 

これは遠距離の山や林を見ることによって、意識的に遠距離に目の焦点を合わせることで目の筋肉のこりをほぐし、目のピントの調節能力を回復させるためです。

 

そして、パソコンを長時間していると避けられないのが首や肩のコリです。

 

これについては疲れ目を癒す3つの方法でシェアさせて頂いているので、参考にしてみて下さい。

 

さらに、姿勢の改善も重要なポイントです。

 

こちらについては猫背を改善する3つのポイントでシェアさせて頂いているので、参照して下さい・

 

今日は時間が無いので、短くなりましたけどこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています