日本人の平均入眠時間とあなたが寝付けない三つの原因

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
平均入眠時間

さて、今日あなたとシェアするお題は不眠症についてなんですが、数日前に不眠症には大きく分けて4種類あると書きました。

 

こちらの記事ですね。

 

4種類の不眠症

 

入眠困難、中途覚醒、熟睡困難、早朝覚醒の4つ。

 

今回は、この中から入眠困難についての情報をより詳しくシェアさせて頂きます。

 


布団に入ったのに、目がさえわたっている、時計を見ればもう1時間も経過しているぞ、というような経験があなたにはないでしょうか?

 

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

 

 

吾輩の場合、幸運なことにほとんどありません。

 

強いてあげるなら、イベント前で気分が高揚している時や、あとはちょっとした人体実験のつもりで、睡眠前に筋トレしたら眠りやすいかなと3回ほどトライしてみましたが、逆に眠れなくなった、ということはありましたが……

 

 

1 日本人が布団に入ってから眠るまでの平均時間

 

 

さて、この入眠困難、入眠障害の症状、そもそもどのくらいの間、布団に入ってから眠れないと入眠困難、入眠障害となるんでしょうか?

 

日本人の睡眠を考える会社、株式会社ビー・オー・スタジオが運営する睡眠時間を記録するサイト『ねむログ(http://www.nemulog.jp/)』で、入眠までにどのくらいの時間がかかるのか、その統計をとったデータがあります。

 

結果は、以下の通り。

 

10分以内:44%

 

10分以上~30分以内:34%

 

30分以上~1時間以内:13%

 

1時間以上~2時間以内:5%

 

それ以上:4%
この統計から判断すると、30分以内には、8割近い人が眠っている計算になります。

 

ちなみに吾輩の場合ですと、布団に入って10分どころか5分程度で寝ているケースが大半です(;^_^A)

 

やはり12時間勤務は辛いort

 

この統計から判断すると、布団に入ってから30分以上眠れないという人は入眠困難、入眠障害と考えても良いかもしれません。

 

0f70aacdb9842702bba3c2f6cec6377a_s

 

もちろん、まずろーの例のように、『明日は大規模なイベントだ、ああして、こうして』と考えすぎたり、気分が高揚して眠れない、というのであればそれは入眠困難、入眠障害ではありません。

 

また、起床時間が遅くなってその影響で夜に眠れない、昼寝をして夜に眠れない……これも、誰にでも起こりえることですので、大丈夫です。

 

ただ、この布団に入っても眠れない、という状態が慢性化しているので対策が必要です。

 

2 あなたが寝付けない三つの原因

 

さて、あなたが入眠障害であった場合、寝付けない原因について考察したいと思います。

 

ここで考えたいのが、『眠りたいのに眠れないのはどうして?』という疑問の解決です。

 

先天性白内障

 

これをどうにかしてあなたがぐっすりと気持ちよく眠ることは難しいと思います。

基本的に、眠れない状況というのは、以下の三つの条件のうち、どれか、あるいは複数が欠けている状態です。
① 交感神経の緊張がほぐれている状態であること

 

② 体温が適度に下がっていること

 

③ 脳内からメラトニンが分泌されていること
この三つをそろえるのがベストとなります。

 

今日はちと時間的に苦しくなってきたので、この三つの条件について詳しくシェアさせて頂きたいと思いますm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています