不眠症を治すには~認知行動療法の3原則

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
不眠症を治すには 認知行動療法

おはようございます、まずろーですm(_ _)m

 

本日はギリギリの睡眠時間6時間で活動しているため、正直眠いですort

 

 

昨日は神奈川からアパート探しで戻ってきて、夜勤開始まで寝て、そのまま仕事というスケジュールだったので、仕事の検査中にウトウトと舟をこいでしまいましたし……

 

今日もヤバそうな予感はすでにあるのですが、何とかしたいと思います。

 

 

1 不眠症を治すには~認知行動療法

 

今回のお題は不眠症についてですが、その前に、認知行動療法とは何ぞや? と首を傾げているかもしれませんので、この定義からシェアさせて頂きます。

 

認知行動療法とは、モノの受け取り方や考え方を変える方法です。

 

83b32b90-cae3-4e78-be7c-43bc811b6d53

 

……ギニュー隊長のように身体を変えられたら便利だと思いますが、そういう訳にもいきません(汗)

 

認知行動療法はうつやパニック障害などにも使われる治療法ですが、どういった病気に、対象とする対策に用いるかによってその方法が異なってきます。

 

不眠症のための認知行動療法は、極論してしまうと、睡眠について間違った認識を正し、正しい知識に基づいた行動を教えるプログラムになります。

 

このプログラムの内容は、それを実践している施設によって様々ですが、行う回数は週に1回、2カ月ほど行う施設がオーソドックスです。

 

睡眠についての学習は、まず基本的な事項の確認からはじまります。

 

夜に光を浴びるのはよろしくない、寝る前の酒、コーヒーはNG、朝ごはんは食べる、起床時間、就寝時間の記録等々になります。

 

で、不眠症の方はベッドの中でアレコレと考えすぎてしまい、睡眠によって脳を休ませたいのに、逆に脳を覚醒させてしまうことばかりしています。

 

こういった、睡眠にとってよろしくない習慣というか、反射というか、これが不眠症のメカニズムになるので、これを改めるために刺激制御法を行います。

 

2 3つの刺激制御法

 

なんか新しい単語が出てきましたが、これは『眠れなかったら寝なくてもOK!』と、割り切ってしまうことです。

 

体温 熟睡

 

割り切ってしまえば、『眠れなくてどうしよう?』と悩むこともありませんから。

 

具体的には、

 

① ベッドの中では寝ること以外は考えない(夜の営みは別)

 

② 眠くなったら寝室に入る

 

③ 20分眠れなければ寝室を出る

 

これが3つの刺激制御法になります。

 

仮に、夜に眠れなければ、必ず、どこかで人は眠くなります。

 

実際のところ、不眠が直接の原因で死亡した人は確認されていないはず。

 

寝不足がどうしても心配、というケースならば、日中に仮眠をとってもOKなのだ、と割り切りましょう。

 

お昼寝も気持ちいいモノですよ?

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています