寝具は低反発と高反発どちらが良い?

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
寝具 低反発 高反発

インフルエンザで寝ていると、長時間寝ていることで、枕や敷き布団の具合がとても気になることが何度かありました。

 

 

掛け布団と敷き布団・マットレスを選ぶ5つのポイントでシェアしましたが、敷き布団やマットレスは寝返りがうちやすいことの他に、寝る姿勢がきっちり保てることがあげられます。

 

睡眠不足 解消

 

基本的に、重さがそのまま沈んでしまう素材でマットレスや敷き布団が出来ている場合、背骨はまっすぐになりません。

 

体圧を、うまく分散できるような寝具が良い訳です。

 

ここで、ホームセンターで働いたことがあるまずろーは、はて、と首を傾げてしまいました。

 

じゃあ、低反発素材と高反発素材のどちらがより良い睡眠に適しているんだろう? と。

 

 

1 低反発素材のメリットとデメリット

 

 

という訳で、調べてみました!

 

a0002_002347

 

 

それぞれに低反発、高反発の商品がマットレス、枕で出ているという事は、どちらともメリットとデメリットがあるに違いない、と考えた訳ですが、まずろーのホームセンター勤務経験からすると、低反発素材は基本的に柔らかめの商品なんですね。

 

だから、柔らかめの寝具を好む人をターゲットにした商材だと思っていたのですが、

 

 

低反発素材のメリット :身体の凹凸をうまく埋めてくれるので、体圧をうまく分散してくれる。

 

低反発素材のデメリット:身体がマットレスや枕によって落ち込む=寝返りがうちにくくなる。さらには通気性が良くない。冬などの寒い時期には素材そのものが硬くなる可能性がある。

 

 

2 高反発素材のメリットとデメリット

 

お次は高反発素材ですね。

 

こちらは硬めの寝具だったので、そういう感触を好む人向けの商材だと考えていましたが……

 

快眠 レイアウト

 

 

高反発素材のメリット :素材の反発力が高いため、寝返りが打ちやすく、かつ通気性が良い。

 

高反発素材のデメリット:身体と寝床との間に隙間が出来やすい。

 

ぬがっーヽ( )`ε´( )ノ

 

これでは良いとこどり出来ないじゃないか、とあなたは思われるかもしれません。

 

実際、吾輩は思ってしまいましたが、そしたら低反発、高反発なんて感じでマットレスや枕が売り出されないか、と納得。

 

それでも、低反発素材が向いている方、高反発素材が向いている方、と言えそうな指標はあるので、その情報をあなたとシェアさせて頂きます。

 

3 低反発素材に向いている方の特徴

 

低反発素材に向いている方

 

3a4ae2dbebfc7e4d00cc22ff9b976b1a_s

 

・体重が重い、ぽっちゃり体型の方

 

これは身体の重みを、低反発素材が出来るだけやわらげてくれるためです。

 

・あまり寝返りをうたない方

 

こちらは、低反発素材のデメリットからきています。寝返りがうちにくい素材なので、そもそも高齢者とか、身体の不調のせいで寝返りが打てない方などに向いていると言えるでしょう。

 

・寒がりの方

 

通気性が悪い=気密性が高い、ということなので、寒がりの方には高反発素材より、低反発素材の方が良いでしょう。

 

4 高反発素材に向いている方の特徴

 

高反発素材に向いている方としては、

 

・寝返りをよく打つ方

 

子どもなど、若い方、寝返りをよくうつ方は、高反発素材の品の方が良いでしょう。

 

・暑がりの方

 

これも低反発の逆になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています