アルツハイマー病になってしまう原因

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
a0001_000356

最近、12時間勤務で中々時間がとれないまずろーですm(_ _)m

 

休日しか時間がとれない、という感じですが、その休日も日勤、夜勤と交代するためにうまく睡眠の切り替えをしないといけんので、実際に『休日』として時間を使える日が少ない、というのが現状ですね。

 

そうは言っても、全く時間が無いという訳でもないので、そこは何とかやりくりしていこうと思います。

 

 

これまで、脳と視力には密接な関係があることをあなたとシェアしてきましたが、私が、興味のある事柄が視力だったので、あくまで視力をメインにして脳の情報をシェアしてきました。

 

ただ、やはり脳の情報もきっちり勉強したいと思い、シェアさせて頂こうと思います。

 

まず、視力が改善されると認知症の症状も改善される、という情報があったので、まずは認知症についてシェアしたいと思います。

 

まず、認知症は後天的な理由で、正常であった知的能力が低下し、生活に支障が出ている状態を言います。

 

ちなみに、これまであなたと情報をシェアしていた時に、アルツハイマー病と認知症をごっちゃにして私はシェアしていました。

 

しかし、これは明確に区別されるものなのです。

 

 

1 アルツハイマー病と認知症の違い

 

 

アルツハイマー病とは、認知症を引き起こす病気の一つなのです。

 

日本人の老年性認知症では、アルツハイマー病による発症が最も多く、全体の5割にも達します。

 

ちなみに、他の原因は脳の血管障害、外傷などがあげられます。

 

日本人の患者数はおよそ100万人とされており、85歳以上の高齢者は5人に1人以上が該当すると言われています。

 

患者の男女比は男性一人に対し、女性が1.5人から3人前後になると言われており、女性の方が多いのです。

 

加齢に伴う女性ホルモンの変化が原因にあるのではないか、とも言われていますが、推測の域を出ていません。

 

アルツハイマー病患者の脳では、初期には萎縮が目立ちませんが、症状が進行すると脳の『海馬』と呼ばれる部分が萎縮していきます。

 

ちなみにこの海馬は、記憶の形成や空間の学習にかかわっていると考えられており、出来事の記憶を形成するのに重要な部位なのです。

 

さて、前置きがいつも以上に長くなってしまいましたが、これらの情報を踏まえた上で、どうしてアルツハイマー病になってしまうのかを今日はあなたとシェアしたいと思います。

 

2  アルツハイマー病になる原因

 

アルツハイマー病の原因をシェアしてどうするのか、と疑問に思われているかもしれません。

 

ここで思い出して欲しいのは、以前あなたとシェアした緑内障についての情報です。

 

私は色々なデータを提示し、緑内障は理解があまり無い方に対して、失明のリスクが増大する病気と言える、とあなたとシェアしました。

 

また、平松類氏が著書『緑内障の最新治療』で、同じ治療法を患者にしても、その病気についてしっかり説明を受けた患者と、軽くしか説明を受けなかった患者では、しっかり説明を受けた患者の方が、治療効果が高いと明言しています。

 

何を言いたいかと言うと、知識があるのとないのとでは、緑内障以外の病気でも、治療効果が全く違う可能性があるのではないか、ということです。

 

なので、私はアルツハイマー病についても、知識があれば予防なり、あるいは効果的な治療ができるのではないかと思い、アルツハイマー病の知識もシェアしようと思ったのです。

 

アルツハイマー病患者の脳を調べると、神経細胞と神経細胞の間に、老人班と呼ばれる茶色のシミが多くみられます。

 

これは、βアミロイドという名称のタンパク質が主成分のもので、神経細胞に対して毒性を持つ、という特徴があります。

 

βアミロイドによって老人班が作られ、この老人班が原因で神経細胞が破壊される。

 

その結果、記憶障害になってしまう、と長い間考えられていました。

 

しかし最近、記憶障害は老人班ができる前から起こっていることがわかりました。

 

新しく発見されたメカニズムは、βアミロイドが老人班を作る前に、神経細胞のシナプスを攻撃することで、記憶障害が起こっているのではないか、とされています。

 

この仮説によれば、βアミロイドが単独で脳内の情報伝達を妨げていることになります。

 

ですので、この仮説が正しければ、アルツハイマー病の新薬開発につながるのではないかと期待されているのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています