認知症に効果的な6つの青菜野菜

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
認知症 青菜野菜

おお、今日出勤すれば明日は休み……でもまた仕事という諸行無常の響き(T-T)

 

あなたは今宵をどうお過ごしでしょうか、まずろーですm(_ _)m

 

 

今回は認知症関連の情報をシェアしたいと考えているのですが、何日か前になるのですが、ほうれん草とルテインとゼアキサンチンの記事内容は覚えていたでしょうか?

 

目に良い成分とされているルテインとゼアキサンチンについての内容でした。

 

で、それよりももっと前に、こんな記事もあなたとシェアさせて頂いております。

 

視力と認知症の関連性

 

認知症と視力に関連があることは、上記の記事で、すでにあなたとシェアした通りですが、ほうれん草に含まれるルテインが目に良いのであれば、ほうれん草は認知症に対しても有効かもしれません。

 

そう思って何かしらほうれん草と認知症についての論文がないか探してみたところ、ありました。

 

 

1 ほうれん草の認知症に対する効果

 

 

これは、アメリカのラッシュ大学がアメリカの高齢者を対象に行った調査にあります。

 

その内訳は、平均年齢81歳の高齢者954人を対象としたもので、それぞれの食生活と精神機能を5年間調査した、というものです。

出典元:Eating Green Leafy Vegetables Keeps Mental Abilities Sharp - Newswise(3/25)

 

この研究によると、青菜の野菜を1日の推奨量(一皿、あるいは二皿の青菜野菜)、あるいはそれ以上摂取している人は、これらの青菜野菜を全く摂取していない人と比較すると、脳の認知能力が11歳若い人と同等の能力を発揮した、とあります。

 

脳の認知機能を若く保てる理由として、青菜に多く含まれるビタミンKの働きがあるのではないかと、研究を率いたマーサ・クレア・モリス氏は推測しており、青菜系の野菜をモリモリ食べることでアルツハイマー病や認知症を防げるかもしれない、とまとめています。

 

e1ddc872dde4cbe17945aa1f4af0d172_s

 

 

ビタミンKの豊富な青菜野菜となると、やはりほうれん草がパッと思い浮かびますが、その他には、

 

① 小松菜

 

② パセリ

 

③ モロヘイヤ

 

④ 春菊

 

⑤ ケール

 

これに

 

⑥ ほうれん草

 

を加えた、ビタミンKの豊富な青菜野菜も効果的かもしれません。

 

これまでの研究で、葉酸やベータカロチンが脳機能を活性化する、ということはすでに明らかになっていましたが、ビタミンKが脳に与えるとした研究はこれがはじめてです。

 

となると、この研究では言及されていませんが、私達日本人の代表的な食品である納豆も、ビタミンKの含有量が豊富なので、認知症予防に効果的かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています