有酸素運動は筋トレ後に行うたった一つの理由

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
有酸素運動 筋トレ

こんばんは、あなたはいかがお過ごしでしょうか?

 

年始に立てた目標はこの10日間で達成できていますか? それとも早々に挫折してしまったでしょうか?

 

 

挫折したとしても、まだはじまったばかりなので軌道修正を図れば良いだけです、気を取り直して頑張りましょう。

 

今日のお題は、もしあなたがダイエットを行っているならば耳よりの情報になるかと思います。

 

ズバリ、ダイエット目的で行う有酸素運動は、いつ行うのがベストなのか、です。

 

 

1 有酸素運動は筋トレ後に行うたった一つの理由

 

 

もうタイトルで回答が出ているじゃないか、という突っ込みが出てきそうですが……結論からシェアすると、筋トレ後に有酸素運動を行うのがましいそうです。

 

0764277e4e1d0859a68fc746a161ebc1_s

 

と言っても、まずろーはほとんど有酸素運動はしていません。

 

理由は、12時間勤務ですと、毎日有酸素運動をする時間が取れないから。

 

それなら、毎日時間が確保できる筋トレの方が良いかな、と週に5日か6日のペースで上半身と下半身の筋トレを交互に行っています。

 

ですのでこれは、実際にまずろーが行った『人体実験』の結果ではなく、書物を色々と漁って出た結論ですので、人によっては違いますし、あなたが知っている知識とは合致しない可能性もあるのでご注意下さいm(_ _)m

 

筋トレにコツというか、効果的な方法があることは、効果的な筋トレがダイエットになる2つの理由であなたとシェアさせて頂きましたが、有酸素運動にも効果的な方法というものがあります。

 

それは……筋トレなんです。

 

? ? ? 今、あなたの頭の上で疑問符が踊っているのが目に見えるようです。

 

有酸素運動の話をしていたのに、なぜ筋トレの話が出てくる、とあなたは思っていますね?

 

まぁ、タイトルで筋トレ後、と書いているのでその関連なのだろうか、と目星をつけていたかもしれませんが。

 

とりあえず、話を戻しますので、ご清聴頂ければと思いますm(_ _)m

 

順を追って話すと、筋トレを行うと成長ホルモンや、アドレナリンが分泌します。

 

dbc4d13dd0b5a8dda6f1fcd0dd3e7037_s

 

結果、脂肪が分解するので、筋トレはダイエットに効果的なんですが、この分解した脂肪を今度は燃焼させる必要があります。

 

この分解した脂肪を燃焼させるのに適した時間は、筋トレ後6時間以内がベストとされています。

 

筋トレ後の肉体は、プロ野球選手の投手に例えるなら、きっちり投げ込みをして、いつでも全開で投げられる状態なんです。

 

……これだと、女性にはわかりにくいかもしれませんので、ちょっと言い方を変えます。

 

自動車に例えるならエンジンが十分に暖気されている、暖まっている状態なんですね。

 

通常であれば、有酸素運動の最初の15分程は脂肪があまり燃えないんです。

 

理由は、自動車で例えるなら、エンジンを暖めている段階だから。

 

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

 

ですが、ここで筋トレです。

 

筋トレを行って、あなたの身体をスタンバイOKの状態にしておけば、すぐに脂肪が燃焼する、という訳です。

 

ついでに言うと、少し時間が経過してからあなたが有酸素運動を再開しても、わりとすぐに脂肪が燃え始めてくれます。

 

一度筋トレをすると、一休みして水分補給をするもよし、純粋に少々のインターバル休憩をはさんでもOKと、筋トレ後に有酸素運動を行うメリットは結構あります。

 

実際、1時間の有酸素運動を行うのと、20分有酸素運動を行い、10分休憩、20分やって、10分休憩、20分やって、という具合に合計1時間の有酸素運動を行う場合、どちらがより脂肪が燃えたのかを計測した実験があるそうです。

 

誰が書いた論文なのか、その本には明記されていないので、脂肪の代謝量は同じという結果が出たそうです。

 

また、むしろ休憩を入れた方が脂肪の代謝が高くなった、という指摘が石井直方氏の著書『一生太らない身体の作り方』に書かれています。

 

あなたもダイエットのために有酸素運動を行うのであれば、筋トレをその前にやった方が良いかと思われます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています