メタボ解消 半年でウエスト6㎝絞れました

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ウエスト−5㎝

ソロモンよ、私は帰ってきたぞっ!

 

……こんなネタを振ってみてもわからん人は結構いるだろうなぁと思えてしまう、三十路のまずろーですm(_ _)m

 

およそ半年ぶりの投稿になるんですが、いやはや……完全に迷走していたので、色々な方面に手を伸ばした挙句ポシャってしまった件もありまして……

 

とりあえず、自分のペースを守るって大事だね、と実感した半年でした。

 

 

さて、私の話をしていたところであなたに何かしらの利益がある訳ではありません。

 

いつも通り、健康についての情報をあなたとシェアしたいと思います。

 

現代は飽食の時代で、人の胃腸は休める時間が少ないと言っても良いでしょう。

 

そもそも、食べ物を消化する、という行為そのものが莫大なエネルギーを費やしているのです。

 

私やあなたが食事をすると、食べたものは、

 

口→食道→胃→十二指腸→小腸→大腸

 

という順番で通過し、消化、吸収され、最後に肛門から便が排泄されます。

 

一回の食事を消化するのに、24時間~72時間もかかる、ということからもどのくらいの重労働なのか、想像がつくかと思います。

 

そのため、胃腸をとにかく休める時間を確保することが大事になってきます。

 

しょっちゅう食べていると、腸の活動を支えるモチリンというホルモンが出てきません。

 

まず、間食、夜食を止めることで胃腸を休める時間をとりましょう。

 

どうしても三食以外で食べたいものがあるのなら、食後にすぐに食べて一緒に消化を行うようにしましょう。

 

また、胃腸を休めることが大事なのはわかるけど、どうしても間食が止められない、という方もいると思います(一時期、私もそうでした)

 

そういう場合は、間食代わりに胃腸に負荷のかからないものを用意しましょう。

 

まず、水。

 

水がダメであれば、胃がふくれる発泡性の水(ペリエなどに代表されるスパークリングミネラルウォーター)を飲みましょう。

 

もしくは、青汁、豆乳などの健康飲料もオススメです。

 

飲み物ではダメだ、というのであれば、甘くない、脂っぽくもない食品を食べると良いでしょう。

 

オススメはこんにゃく、寒天です。

 

そうは言っても、実際に痩せられない、あるいは体重はともかく、ぽっこりお腹が解消できない、という悩みをあなたは抱えているかもしれないので……

 

私がこの半年で実践し、ウエストを5㎝前後減らすことに成功した方法をシェアさせて頂きたいと思います。

 

まず、最初の一カ月で結果を出したのがメタボウエストを1カ月で4センチ減らした方法です。

 

健康診断の時にウエスト87㎝、と言われた時は目を剥いてしまいましたね(遠い目)

 

その時期に一番近いウエストの写真がこちら。

 

メタボリックシンドローム

 

で、このメタボ解消のために運動やら食事の改善をしはじめて、

 

メタボウエスト

 

写真が小さいですが、82㎝前後まで減らしたんですが、そこからは数カ月一進一退、というか増えないようにするのが精一杯でした。

 

そこでカロリーを運動で消費し、摂取カロリーを減らす、というだけでは限界があるんじゃないのか? と疑問に思って、糖質制限をはじめてみました。

 

糖質制限とは糖尿病患者の治療などに使われるもので、私の場合の朝食は、ご飯に納豆をかけて、味噌汁におひたし、という感じなんですが、これを納豆単品におひたし、味噌汁にして、一食分のご飯分の糖質をカット。

 

ついでに、昼飯は糖質が結構あるけど、食物繊維も同様に結構あるため、白米食べるよりはマシだろうということでサツマイモをチョイス。

 

晩飯はこれまで通り。

 

結果、

 

ウエスト−5㎝

 

 

ウエストは80㎝を下回ることが出来ました(T-T)

 

この辺の血糖値とか糖質制限とかも時間を作ってあなたと情報をシェアしたいと思います。

 

ストイックに糖質制限を行うのはかなりキツイですが、一食分の白米をカットする程度のゆるい糖質制限であれば、朝食から米を抜いておかずはそれまで通り食べればOKなんで、そこそこ簡単にできます。

 

あなたがメタボでお悩みであれば、ご参考までに。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています