一週間でウエスト2センチ縮められました

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ウエスト一週間で2㎝減

メタボリックシンドロームここ一週間で、ウエストをどれくらい縮められるか。

 

というより、ウエスト86㎝あったんで内臓脂肪対策でも書きましたが、一ヶ月でウエスト1㎝減らせたらいいなぁ、とはじめたこの企画。

 

そもそも私のウエストが一週間前で、86㎝ある=メタボリックシンドローム症候群の基準にひっかかるので、ウエストを締めよう、と思ったのが発端。

 

右の写真は、一週間に掲載したもの。

 

 

正確には85.7とか、85.8辺りに見えますが、へそ回りで測れば多分86㎝あたりになっていたんじゃないかと思います。

 

それを、一週間でこのくらいまで縮めることが出来ました。

 

ウエスト一週間で2㎝減

 

こんな感じで、84㎝前後まで縮めることが出来ました。

 

で、具体的にどういう感じでウエストを縮めたのかをシェアしたいと思います。

 

まず、そもそもの前提として、基礎代謝を上げるにはどうすればいいかなぁ、と考えたのです。

 

基礎代謝とは、日々の生活で、特に運動をすることもなく、消費されるカロリーのこと、と考えて下さい。

 

で、この基礎代謝を上げる話を聞いて、以前私がそれっぽい話を書いていたなぁ、と思って読み返して見たら、ありました。

 

 

真性近視(軸性近視)は視力回復しない?

 

 

 

筋肉はカロリーを多く消費する組織なので、カロリーの消費が生存に直結した過去では、使わない筋肉はガシガシ、ドンドン落とすことで、人はカロリー消費を少しでも抑えることによって、食料が乏しい時代を生き延びてきたのです。

 

そう考えると、『遠くを見る必要はないんだから、目の筋肉をとりあえず落として、カロリー消費を少しでも抑えよう』と私やあなたの身体が指令を発してもおかしくはないでしょう(私やあなたとすれば、ものすごくありがた迷惑な話ではありますが……)

 

 

 

と、こんな感じで、視力にも目の筋肉がかかわっていることと共にシェアさせて頂いていました。

 

なら、筋肉つけるために運動すれば、筋肉がつく。

 

運動しているんだから消費カロリーが増える。

 

さらに基礎代謝が上がって消費カロリーが増える。

 

一石二鳥じゃん、と考えて一週間前からエアロバイクを一日45分、ぶっ続けで漕いでいた訳です。

 

下半身のみを中心に鍛えていたのは、認知症予防には下半身を鍛えるのが良いと調べた結果わかったから。

 

最近は、エアロバイクをこいでいる時は腕を振るようにもしてみましたが、腕振りがどのくらいの効果があるのかは不明です。

 

まぁ、上半身にも筋肉がつけば、それだけ基礎代謝が上がるかなぁと思って腕振りも導入した次第です。

 

問題は、エアロバイクをこぐ時間帯。

 

調べてみると、空腹時に運動した方が良い、食後二時間後の方が良い、食前前に運動した方が消費カロリーが多くなる、と諸説ありましたが、私はとりあえず最後の『食前に運動』を実行しました。

 

食事の内容は

 

メタボ対策の昼食メニュー

 

ウエスト86㎝あったんで内臓脂肪対策

 

こちらでシェアさせて頂いていましたが、基本野菜をとにかく食べよう、という戦略で、ご飯や芋類は少なめにしました(多少は食べています)

 

あと、総摂取カロリーを落とすために朝食は抜いて水だけを飲み、甘い物は果物とヨーグルトだけ、脂肪と油は可能な限り避ける、という戦略の元に実行しました。

 

野菜を食べる際のドレッシングにはご注意を。

 

ドレッシングには意外と脂質が多く含まれており、マヨネーズのようにカロリーが高いモノもあります(油を使っているので当然と言えば当然ですが)

 

ですので、ドレッシングを使う際にはノンオイルドレッシングがお勧めです。

 

効果は出ているようなので、このまま継続しようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています