ウエスト86センチあったんで内臓脂肪対策

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

メタボリックシンドローム健康関連でコピーを書いている人間が、メタボリックシンドロームでは、シャレにならないと思うんです。

 

いえ、最近ウエスト周りが太くなってきたなと思い、ちょっとメジャーを使って測ってみたんですよ。

 

85㎝以上ありましたort

 

右の汚い腹が私の腹になります……85.5㎝くらいでしょうか。

 

 

 

厚生労働省の基準では、男性でウエストが85㎝、女性で90㎝以上でメタボリックシンドロームとされています。

 

1 内臓脂肪が肥満の原因

 

ちなみに、以下が私のプロフィールです、

 

青森県在住

 

身長176㎝、体重現在は64㎏。

 

年齢は33歳です。

 

適切な体重は、身長-100×0,9で出た数値なので、68.4kgになります。

 

適切とされる体重から4㎏以上足りないんですよね……

 

実際、私の体型は、下半身はそこそこガッシリしているんですが、上半身はヒョロッとしており、腰から上だけを見れば完全にガリガリの痩せ形。

 

にもかかわらず、ウエストはメタボ基準に達しているんですよね。

 

どうですかあの汚い腹(T-T)

 

もうこれは内臓脂肪がたまりまくっているんではないのか、と思うんですよね。

 

私の場合は、完全に内臓脂肪がたまってしまった結果のメタボではないのか、と。

 

2 メタボリックシンドローム対策

 

で、まずどういう対策をたてるべきか考えました。

 

これまでりーまん辞めて、コピーライターとして活動してからは運動不足でしたので、近くのジムにエアロバイクを漕ぐようにしました。

 

とりあえず、三日坊主はクリアできました。

 

三日の平均で、45分ほどエアロバイクこいで、150kcalほど消費できることがわかりました。

 

それからカロリー摂取を抑えるために、甘い物は果物と野菜ジュース以外は、くりとかぼちゃ、さつまいもなどのみにして、お菓子は断っています。

 

食事のカロリーも計算して、今日は朝は水だけを飲んで、昼はご飯一杯にキャベツ、レタス、トマトのサラダに肉豆腐。

 

晩御飯はご飯一杯にイカメンチのフライとホタテの刺身、ふろふき大根二きれ、白菜のつけもの。

 

摂取カロリーは

 

ご飯2杯 およそ470キロカロリー

 

キャベツにレタスにトマトのサラダ およそ50キロカロリー

 

肉豆腐200g 肉豆腐の元を入れて200キロカロリー前後

 

ホタテの刺身 10切れで190キロカロリー

 

あと、ヨーグルト1個で76キロカロリー

 

大き目リンゴ半分 109キロカロリー

 

大きめの柿3切れ およそ47キロカロリー

 

肉まん一つ 221キロカロリー

 

イカメンチのフライだけは大雑把なカロリー計算ができませんでしたが、イカリングのフライが34キロカロリーなんで1個100キロカロリーとして計算すると、3個食べたんで、300キロカロリーとしました。

 

結果、1554キロカロリーと出ました。

 

イカメンチのフライがカロリー大きいですね……

 

ちなみに、脂肪1キロが燃焼すると、およそ9000キロカロリーのエネルギーが出ると言われています。

 

そして体内の脂肪というものは2割ほどの水分を含んでいるので、体重換算で1kg落とすには、9000キロカロリー×0.8=7200キロカロリーを消費する必要があるんです。

 

で、これはウエスト1㎝を減らすのとほぼ同等の値らしいです。

 

成人男性で、自分の身長176㎝で一日に消費されるカロリーは、ほとんど動かない人の場合は1700キロカロリーほどだそうです。

 

これに、エアロバイクで消費した150キロカロリーを足すと、1850キロカロリーまでは摂取しても太らない計算になります。

 

1400キロカロリー前後の食事を毎日続けていけば、一日305キロカロリー消費していく計算になるので、

 

305キロカロリー×30日=9150キロカロリー

 

となります。

 

イカメンチを普通の食事にすれば、もうちょっと食事をとっても一月で7000キロカロリーの消費はクリアできそうなんで、ちょっと運動も頑張って、メタボリックシンドローム対策をしてみようと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています