筋トレ後6~48時間は代謝が高くなる

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
筋トレ 代謝

こんばんは、そろそろ吾輩という呼び方や、まずろーと呼称している自分の名前をどうしたもんかなと思っているまずろーですm(_ _)m

 

本当に変える気あるのかと言われそうですが、そこら辺りは色々と事情とか、ブログを書いている気分で考えようかと(汗)

 

 

さて、今日のお題は代謝。

 

 

1 運動後6時間は代謝が高くなる

 

 

というのも、有酸素運動は筋トレ後に行うたった一つの理由有酸素運動と無酸素運動の違いでもあなたと情報をシェアしましたが、運動後は代謝が高い状態になります。

 

そもそも、吾輩が筋トレを行いはじめたのは、体内の血液中にあるブドウ糖をどうにか消化して、血糖値を下げられないものだろうかと考えたからです。

 

白米 血糖値

 

何せ当時の吾輩、白米210グラム食べて、2時間後の食後血糖値が177㎎/dlでしたから……通常時の血糖値が80台なのに、これはマズイと思って筋トレをはじめた訳です。

 

糖尿病は怖い病気ですからね。

 

しかし、筋肉がつくまでには結構な時間が必要です。

 

筋トレは3ヶ月、筋肉がつきやすい方でも2カ月は継続しないと、つかないそうです。

 

吾輩もタニタの体重計で計測した限り、3ヶ月かけてどうにか筋肉の量がちょっと増えた、という程度です。

 

そりゃぁ、中々筋トレを継続できる人があらわれない訳ですort

 

ですが、筋トレをして、即、代謝が上がる、としたらどうですか?

 

代謝が上がる=消費カロリーが増える=やせやすくなる、という図式は成立します。

 

おい、お前さっき筋肉つくまで3ヶ月は必要だっていったのに、即、代謝が上がるなんて嘘つくな、とあなたは思われているかもしれません。

 

が、まずろーウソつきません。

 

2 筋トレ後は即、代謝が高くなる

 

しかし、『即、代謝が上がる』というのは筋肉がついて代謝が上がる、という意味ではありません。

 

e17c0ede24ec7e82b9c63d8e424e1ebb_s

 

筋肉を動かす運動をするとですね、いつもより代謝が高い状態になるんです。

 

これは、筋肉がついたという訳ではないので、恒常的に代謝が高くなる、という訳ではありません。

 

あくまで一時的なものです。

 

どうして一時的にとはいえ、代謝が高い状態になるのかと言うと、筋トレを行うことで筋肉に負荷がかかります。

 

すると、この負荷によっておったダメージを、修復しようとする機能があなたや吾輩の身体の中で働くのです。

 

ちなみに『一時的に』ってどのくらいの時間、と首を傾げておられるかもしれません。

 

a0960_004136

 

これは研究者によってまちまちで、ある日本の研究者は、最低でも6時間程は代謝が高い状態になると言っていますし、アメリカのある研究グループは丸2日、つまり48時間もの長時間、代謝が高い状態が続くと言っています。

 

さらにうれしいことに、この代謝の高い状態だと、糖と脂肪の使われ方が違ってくるのです。

 

普段は糖と脂肪で5対5の等分で使用されていますが、この代謝の高い状態だと4対6か3対7にまでなるのだそうです。

 

この状態で有酸素運動を行えば、効率よく脂肪が燃やせます。

 

だから有酸素運動は筋トレ後に行うたった一つの理由と成りえる訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています