筋トレは1回しかできないトレーニングの8割の力を必要とするものがベスト

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
筋トレ 8割の力

えー、これまで筋トレについては色々とあなたと情報をシェアしてきている訳ですが、今回のタイトルはちょっと長いなぁと反省しているまずろーですm(_ _)m

 

 

とは言っても、ここからどう短くすれば良いのかと考えた時、それだけで5分ぐらい時間を使いそうだったので止めました(爆)

 

 

1 筋肉を増やす適度な運動はどのくらいの負荷なの?

 

 

さて、サブタイトルにもありますが、筋肉を増やす運動は、どのくらいの負荷をかけるのが適当なのでしょうか。

 

これを考えたのは、吾輩が12時間勤務であることが大いに影響しています。

 

と言うのも、朝の9時出勤の場合、朝6時に起床して、ブログを更新して、ご飯を食べて、視力回復のトレーニングをして(未だによくなりませんが)、身支度をして、となると20分ぐらいしか時間が出来ないのです。

 

20分で何をするか、となるとかなり濃密に筋トレを行う必要があるんです。

 

え? 帰ってきてから筋トレすれば良いじゃない、と。

 

いえ、実は吾輩、帰ってきてからやろうと試みたことが、休日前の時に幾度かあります。

 

でも二つの理由でダメでした。

 

一つはかなり疲れているので、休日前とこかならともかく、翌日も仕事がある状況下では筋トレをするのはかなり難しいこと。

 

どのくらい疲れているかと言うと、風呂に入って船をこぐことが結構ありますし、いつぞやは30分程爆睡し、風呂の温度が冷たくなってきたことで目を覚ましたくらいです。

 

で、実際に筋トレをしてみたことも何度かありましたが、筋トレをした後では、何故か吾輩、眠れないのです。

 

交感神経と副交感新家の関係かとも思うのですが、異常2つの理由から吾輩、帰宅後に筋トレはしていません。

 

ちなみに朝9時に出勤の場合ですと、夜21時に仕事が終わりますが、帰ってこれるのは大抵21時45分過ぎ。ヘタすると22時超えます。

 

そこからホットミルクを飲むか、軽く何か口に入れて、弁当の用意をして風呂に入って、となるとこれで23時になります。

 

ここから視力の回復トレーニングをするとおよそ23時30分程になります。

 

……時間的に苦しいので、効果的な筋トレ、というのが必要になってくるのです。

 

2 あなたにとって筋肉を増やすための適度な負荷

 

では、あなたにとって筋肉を増やすための適度な負荷とは、どのくらいなのでしょうか。

 

まず筋肉は、速筋と遅筋の2つで構成されています。

 

瞬発力に優れた速筋と、持久力に優れた遅筋です。

 

100mの世界記録保持者であるウサイン・ボルトの体型は、筋肉ムキムキの逆三角形ですが、マラソンランナーは細身の印象をあなたに与えていると思いますが、これはつけている筋肉の性質の違いによるものです。

 

つけやすい筋肉となると、やはり速筋の方がつけやすい訳です。

 

筋トレで筋肉を増やす、というと速筋が対象となると思って下さい。

 

問題はこの速筋を増やすためには、どのくらいの運動をするのが良いのか、ということです。

 

ここで必要な情報は、あなたが1回しか出来ない運動を知ることです。

 

例えば、50㎏のバーベルを1回しか持ち上げられない、などなんでも良いのですが、あなたが1回しか出来ない運動をまずは把握して下さい。

 

この1回しかできない運動の、8割くらいの力を必要とする運動を8回ほど繰り返すのを1セット、これを3セット行うのが、筋肉を増やすのに適度な運動となります。

 

じゃあ、9割の力とかならもっと筋肉つくんだな、よーし! と張り切っているあなた。

 

残念ながら、より強い負荷をかけても筋肉がつく、という訳でもないんです。

 

負荷が大きすぎると、逆に筋肉があまり増えないそうなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています