効果的な筋トレがダイエットになる2つの理由

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
筋トレ ダイエット

こんばんは、あなたは今宵を如何お過ごしでしょうか?

 

吾輩は休暇を満喫しております。

 

 

そろそろネタが尽きつつあるんですが、これまでは吾輩は筋トレを行っていることをあなたに報告しているのですが、その成果として、三カ月に及ぶ筋トレの結果や、一年でウエスト10㎝減らした食後血糖値を抑える食べ方でもシェアしていますが、筋肉は1㎏ほど増えたのに、体重減、ウエストも10㎝前後減らすことが出来ました。

 

dscf5371

 

上の画像、吾輩の汚い腹で申し訳ありませんが、未だにウエストは75㎝以下をキープできています。

 

そんな感じで筋トレをしていたので、色々と効果的な筋トレ方法はないものかと探していた中で、これは是非あなたとシェアしておきたいなと思ったので、シェアさせて頂きます。

 

ちなみに吾輩が筋トレをしはじめた理由は、上記のリンク記事でもシェアしていますが、筋トレが2型糖尿病の予防に効果的とされていることと、血糖値の高くなる原理として、ブドウ糖がインシュリンで低下しない、あるいはインシュリンの出る量が少ないために血液に残っているので、ブドウ糖を消費する筋肉を増やそう、という考えからです。

 

筋肉が増量する≒体内のブドウ糖が消費される≒エネルギーが消費される≒太りにくい身体、という図式が成り立つので、あなたが健康的な身体を手に入れたいと思うなら、この情報はシェアしておいて損はないと思います。

 

 

1 筋トレは週に2回か3回がベストな2つの理由

 

 

そうは言っても、ダイエットするために筋トレってことは、毎日続けなくちゃいけないんでしょ、とあなたは思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

a1180_001263

 

筋肉を増やすためには、週に2回か3回が良いとされているのを、あなたはご存知ですか?

 

と言うより、週に3回以上行うと、逆に良くない、と言われていることを、あなたはご存知でしょうか?

 

筋トレは、筋肉に負荷をかけて、筋肉の繊維を太くする、というトレーニングです。

 

で、この『筋肉に負荷をかけて』、疲労から回復する過程で、【今度はこのくらいの負荷がかかっても大丈夫なようなボディにしなければならない】と身体が判断し、修復された結果、ちょっとばかし筋肉の繊維が太くなります。

 

そこからさらに『筋肉に負荷をかけて』ということを繰り返すことで、あなたの筋肉は増量されるのですが、この疲労から回復するまでの時間を、休養させることが重要なのです。

 

a0002_008278

 

疲労した身体が筋トレ以前より、回復して、筋肉が強くなったタイミングで再びトレーニングをすると、あなたの筋肉量は右肩上がりで増量されていくことになるのです。

 

では、疲労から回復する前に、筋肉にさらなる負荷をかけてしまうと、どうなるのでしょう?

 

これは、単に、身体に疲れをためこんでしまうだけ、という結果になります。

 

二日続けて筋トレをすると、筋肉が大きくなるどころか、筋肉に疲労がたまることで、逆に小さくなってしまうのです。

 

なので、週に二、三回が良いとされている訳です。

 

これが、第一の理由です。

 

68e4e6403629663238423fea63448987_s

 

 

一応補足しておくと、週一回では、ほとんど効果がないそうです。

 

第二の理由が、時間。

 

まずろーのように、一日12時間勤務ですと、筋トレに割り振れる時間はそれほど多くないと思います。

 

吾輩のケースですと、ブログの更新やら視力のトレーニングやら、色々とありますので、20分が限度です。

 

一日に使える時間が少ない、という方には週に2回、3回というトレーニング回数はありがたいでしょうし、1日の筋トレメニューを上半身と下半身に分けることで、どうにか20分以内におさめることが出来ます。

 

毎日運動していたい、という方も、一日目上半身、二日目下半身、三日目上半身、四日目下半身、五日目上半身、六日目下半身、七日目上半身、という具合に分けることが出来るので良いかと。

 

e17c0ede24ec7e82b9c63d8e424e1ebb_s

 

こうすることで、効果的に全身を鍛えることができ、筋肉が増量する≒体内のブドウ糖が消費される≒エネルギーが消費される≒太りにくい身体GET、という図式を成立させることが出来る訳です。

 

筋肉が増える≒あなたの安静時の消費カロリーが増える、というのと、運動を行うことでカロリーが消費されることで、ダイエットにも貢献できるので、あなたがメタボを気にしていたり、ダイエットを考えているのであれば、週に2回か3回の筋トレか、毎日上半身か下半身に分けて筋トレを行うことをオススメいたしますm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています