玄米のダイエット効果と栄養素

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
玄米 ダイエット効果

 

目の健康を守るためには、血液をキレイにすべきだと述べましたが、

 

  • 食べ過ぎない
  • 動物性食品や脂は摂り過ぎない
  • 砂糖は摂り過ぎない
  • 水分をしっかり補給する

 

先程あなたとシェアしたこの4項目以外で、食べるべき食品や気を付けるべき事柄をあなたとシェアしていきます。

 

 

まず、毎日私達が食べている米ですが、米を食べるのであれば、白米よりも玄米が絶対にオススメです。

 

その理由は、栄養素の違い。

 

玄米と精白米のおもな食品成分(可食部100g中)

成分 玄米 精白米
エネルギー 350kcal 356kcal
水分 15.5g 15.5g
タンパク質 6.8g 6.1g
脂質 2.7g 0.9g
炭水化物 73.8g 77.1g
灰分 1.28g 0.4g
カリウム 230mg 88mg
カルシウム 9mg 5mg
マグネシウム 110mg 23mg
食物繊維送料 6.0g 1.0g

(五訂日本食品標準成分表より引用)

 

上記の表を見て頂ければ納得して頂けると思いますが、精米してしまうと、かなりの栄養分がそぎ落とされてしまうことがわかります。

 

 

1 玄米の効果

 

玄米は、美容にダイエット、アンチエイジングにデトックスなど、実に様々な効果が期待できるのではないか、と言われている食品です。

 

そこで、血液を整えるだけでなく、この機会にどう効果があるのかを一気にシェアしたいと思います。

 

表には書いていないので、ここで書きますが、玄米は白米に比べて、ビタミンEが豊富。

 

白米のビタミンEが100g中0.2㎎であるのに対し、玄米は5倍の1㎎とされています(サイトごとに情報が違いますが、http://okome-ranking.net/Okome_Genmai.htmlを参照させて頂きました)

 

ちなみにビタミンEは、不妊治療の研究が元で発見された栄養素で、ホルモンの分泌をうまくコントロールする効果がある、と言われています。

 

ホルモン分泌がちゃんとコントロールされることで、女性の悩みの数々、例をあげれば生理不順や更年期障害、生理痛にPMS(月経前症候群)などに効果があるのではないか、と言われています。

 

2 玄米ダイエットを担う栄養素

 

そして、玄米と言えばダイエット。

 

玄米ダイエットなんて単語があるくらいですが、なぜダイエットに玄米が効果的であるかというと、まず食物繊維が豊富だからです。

 

食物繊維は便秘解消に役立ちますし、胃や腸の中で水分を吸収するという特性から、満腹感が得やすく、結果として摂取カロリーを減らせることから重宝する栄養素です。

 

これは上記の表にもありますが、100g中で食物繊維が白米で1gあるのに対し、玄米はその6倍の6グラム。

 

さらに糖質と脂質の退社をフォローしてくれるビタミンB1とB2も白米と比べてたくさん入っているんです。

 

こちらも表に無かったので独自に調べましたが(http://www.sasanishiki.com/genmai.htmlを参照しました)、ビタミンB1で白米の4倍、ビタミンB2で3倍以上含まれています。

 

こういったデータから判断しても、米よりも玄米がダイエットに効果的だと言えるでしょう。

 

追伸

 

次回以降は玄米の持つ、美容やスキンケア、アンチエイジングやデトックスに対する効果とどんな栄養素が働きかけているのかを、あなたとシェアしたいと思います。

 

……私事が色々と立て込んできたので、できるだけ早くにできるよう努力します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています