回数を多くこなすことで遅筋は鍛えられる

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
遅筋

今日あなたとシェアさせて頂くのは筋トレについての情報です。

 

筋トレは1回しかできないトレーニングの8割の力を必要とするものがベストでもシェアさせて頂きましたが、筋肉を増やすには1回しかできない負荷の運動の80%程度の力を必要とするトレーニングを積むのが効率が良いとされています。

 

 

ただし、この筋トレ方法にも弱点が無い訳ではありません。

 

この筋トレ方法は、確かに筋肉が最もつきやすい方法とされていますが、この方法で鍛えられる筋肉は速筋のみなのです。

 

 

1 回数を多くこなすことで遅筋は鍛えられる

 

では、遅筋はどうすれば鍛えられるのか、とあなたは疑問に思われているかもしれませんので、今日はその辺りをシェアさせて頂きます。

 

以前にもシェアしましたが、まずはおさらいから。

 

筋肉はやや白っぽい速筋、赤っぽい遅筋の2種類で出来ています。

 

46e92bed911e624a392eadf151082fb8_s

 

その色合いから、白筋、赤筋とも言われます。

 

速筋は瞬発力に優れていて、遅筋は持久力に優れています。

 

この性質を聞いて、あなたはピンときたかもしれません。

 

速筋が、一回しかできない8割の程度の力で10回程度、3セット繰り返すのが良いのなら、ひょっとして遅筋は軽い負荷でひたすら回数をこなすことで持久力を鍛えるのではないか、と。

 

もしあなたがそう考えていたのなら、ビンゴです。

 

個人差が非常に大きいので、明言は出来ないのですが、1回しか出来ない5割程度の力が適している、とは言われていますが、マラソンとかでも見られるように、遅筋を鍛える場合に限っては、おそらくは負荷の大きさは気にしなくても良いでしょう。

 

1e76a4299b84907d007589743d6c6352_s

 

とにかく回数。回数をこなすことで、もうヘトヘトニなり、これ以上は出来ないよ、という反復不可能な所まで追い込むことが遅筋を鍛えるベストな筋トレになるかと思います。

 

吾輩も、あなたの身体も、一般的には速筋も遅筋も半々で構成されているのですが、中には例外もあります。

 

例えば、姿勢を維持するのに欠かせない筋肉である腹筋。

 

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

 

同じく大腰筋。

 

それからふくらはぎの奥にあるヒラメ筋。

 

この辺りは遅筋の繊維の方が多いとされています。

 

ああ、だから腹筋は鍛えにくいのか、とあなたは思われたかもしれませんが、何を隠そう吾輩がそう思いました(汗)

 

なぜって、これまで筋トレ結構しているのですが、腹筋は中々ついたなぁ、という印象がなかったもので。

 

ウエストは間違いなく細くなったので脂肪は燃焼されたのでしょうが、筋肉がつかないなぁと思っていた時があったのですが、これを知って、ああなるほど、と腑に落ちたものです。

 

もしあなたが、腹筋などのように、遅筋が多い筋肉を鍛えようとされているのであれば、速筋を鍛えるのと同じ要領でやっても効果的ではありません。

 

遅筋を鍛える=とにかく反復、です。

 

そういう事情もあるので、効果的に筋肉をつけたいのであれば、速筋を鍛える方が早い訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています