レーシック手術と白内障の関係性

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
レーシック 白内障

こんばんは、まずろーですm(_ _)m

 

今日のお題はレーシック手術と白内障の関係性について、です。

 

 

あなたがレーシックを行ったことがなければ、『え? レーシックと白内障という目の病気に、何か関係があるの?』と疑問に思われるかもしれません。

 

レーシックをすると白内障が増える、とかそういう物騒な話ではありませんので、もしあなたがレーシックをしていてもご安心下さい。

 

 

1 レーシックと老眼

 

レーシックと白内障の関係性についてお話をする前に、まずレーシックと老眼の話について、あなたとシェアする必要があります。

 

あなたの周りの方で、お年を召した方、具体的には40代以降でしょうか。

 

『新聞が読みづらい』『近くのモノにピントが合わない』

 

というような苦労をされていた経験はないでしょうか。

 

まずろーの父と母がまさにそうなんですが、そう、俗に言う『老眼』です。

 

あなたも老眼、という単語は聞いたことがあると思いますが、詳しくは老眼を改善する二つの方法と老眼鏡の選び方をご覧ください。

 

で、さらに年齢を重ねていくと、今度は『遠くのモノも見えづらい』『光が眩しい』『モノがだぶって見えてしまう』というような症状が出てきます。

 

これらの症状の原因が、白内障なんですね。

 

この白内障をわずらうことで『最近視力が落ちたからレーシックを受けたい』と考えて、レーシックのクリニックを訪問、そこで白内障が発見され、白内障の手術を受けるというケースが増加しているんです。

 

 

2 白内障と眼内レンズ

 

まず、白内障ってなんだよ? とあなたが疑問に思われているかもしれませんので、少し脱線しますが白内障の情報をシェアさせて頂きたいと思います。

 

白内障は目の中でレンズの役割を担う水晶体が濁る目の病気です。

 

若い時は、この水晶体は柔らかく、かつ透明な状態です。

 

ですが、加齢と共に硬さが増します。

 

この硬さが増すのが『老眼』です。

 

さらには、水晶体が濁ってしまいます。

 

大雑把に言うと、この濁りが白内障なんですね。

 

この濁りが増加することで視力に影響を及ぼし、最終的にはあなたの生活に支障が出てくる訳です。

 

そうなると困るので、手術で濁った水晶体を取り出し、その代替として人工の眼内レンズを入れるのです。

 

この眼内レンズがどういうモノかと言うと、外の光を屈折させることで目の網膜にピントが合うようにするものなので、あなたの目の形や奥行きの長さ、角膜のカーブなどを測定した上で作成した上で、眼内レンズを炒れる手術を行うことになります。

 

3 レーシック手術と白内障

 

白内障についてはわかったけど、これがどうレーシックと関係するのか、疑問に思われたかもしれません。

 

あるいは、レーシック難民にならぬようレーシックを避ける14の理由をシェアして頂き、もうその理由をあなたは知っているかもしれません。

 

が、ここで再度シェアさせて頂きます。

 

以下、上記の記事の抜粋になるのですが、

 

==========================================================

 

 

レーシック術後は、角膜をエキシモレーザーで削ってしまうことで、この眼内レンズの度数を正確に計算できなくなるのです。

 

そのため、レーシック手術を受けた方が白内障手術を行う際には、レーシック以前の目のデータと手術内容の記録が不可欠なのです。

 

このデータが無いと、白内障の手術がうまくいかず、再手術、ということも有り得ます。

 

 

==========================================================

 

そう、レーシックを受けている方は、角膜の形が変化していることで、その変化を計算に加えないと大変なことになる訳です。

 

このデータが無いと、上記の通り、白内障の手術がうまく出来ない、という事態が発生してしまいます。

 

4 白内障手術の後にレーシック

 

さて、ここまで情報をシェアしたあなたなら、

 

『じゃあ、白内障の手術の後にレーシックを受ける、ということは可能なの? 不可能なの?』

 

という疑問を持たれたかもしれません。

 

結論から言うと、可能です。

 

白内障の手術で保険が適応となる眼内レンズは『単焦点レンズ』になりますが、遠近両用を可能とする『多焦点眼内レンズ』は保険が適用されませんのでご注意下さい。

 

今日はそろそろ時間が差し迫ってきたので、単焦点レンズ、多焦点眼内レンズについてはいずれ機会を見てあなたと情報をシェアさせて頂きたいと思いますm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています