レーシック手術後の29の注意点

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
レーシック手術後 注意点

今回あなたとシェアする情報は、レーシックの施術を受けた後の注意点になります。

 

 

もしあなたが、レーシックを受けようとしているなら見て置いて損は無い記事かと思われますm(_ _)m

 

 

1 レーシック手術を受けた直後の注意点

 

 

まず、レーシック手術を受けた直後の注意点ですが、レーシックに用いられる二種類のレーザーとフラップについてでフラップについてはシェアしましたが、このフラップをしっかり接着するために、

 

① 15分程度は目を閉じていましょう。

 

また、レーシック手術をする前は麻酔を行いますが、

 

② 麻酔が切れると、眼にゴロゴロした感じや、ヒリヒリする感覚、とにかく違和感があるかと思われますが、半日するほど落ち着いてくるはずです。

 

目をぶつけたり、ゴミが入るとマズイので、保護用のグラスをレーシックを受けたクリニックで渡してくれると思いますので、きちんと着用して帰りましょう。

 

③ なお、まぶたに触るのは厳禁です。

 

④ 帰宅した後は、仮眠をとるのがベストでしょう。

 

⑤ 手術直後は視界はまだ鮮明にならず、視力が安定しないので車の運転はしないで下さい。

 

 

2 レーシック手術を受けた帰宅後の注意点

 

レーシック手術を受け、帰宅後は仮眠をするのがベストですが、

 

⑥ 仮眠の際には埃の多い場所は避けて下さい。

 

⑦ 埃を避ける、という意味では掃除するのは厳禁です。

 

⑧ 医師の指示に従って抗菌剤や抗炎症薬、保湿を目的とした点眼(目薬)を行いますが、点眼する際以外は、家の中でも保護グラスを装着していると、より安全性が高まります。

 

⑨ レーシックを受けた当日は、入浴、洗顔、洗髪は不可です。

 

⑩ 眼の周囲に触れないよう注意し、まぶたに触れるのもNGです。

 

⑪ 顔は濡れたタオルで拭く程度で我慢して下さい。

 

⑫ また、目が乾燥すると傷の治りが遅れるので、読書やテレビをみる、パソコンの使用など、眼を長時間使う作業は避けましょう。

 

⑬ 食事面については、アルコールの飲用は避けた方が無難です。

 

⑭ 就寝時には保護用の眼帯をテープできっちり固定して寝ましょう(仮眠時も眼帯をするようにしましょう)

 

3 レーシック手術翌日から一週間の注意点

 

⑮ 起床後は洗顔……といきたいところでしょうが、まだ洗顔はできません。

 

⑯ また、お化粧もダメ( ̄Д ̄;)

 

レーシック手術翌日は視力がかなりすっきりしているはずですが、これには個人差があるので、心配するような症状が出る人は医師に相談した方が良いでしょう。

 

翌日の検診で問題が何もなければ、翌々日から入浴、洗髪が解禁となります。

 

検診の所要時間は、30分から1時間程度になります。

 

この際に洗剤や水が目に入らないよう、十分注意して下さい。

 

なお、洗顔する場合は目の周囲は避け、まぶたをこすらないようにして下さい。

 

⑰ また、サウナは控えた方が良いでしょう。

 

⑱ レーシック手術をしてから一週間はアイメイクを控え、ビューラーも使用しない方が良いでしょう。

 

他の部分の化粧はOKですが、

 

⑲ 化粧の粉が目に入らないよう、細心の注意を払って下さい。

 

⑳ また、ゴミや衝撃から目を守るためにも保護用のグラスは着用するようにしましょう。

 

保護用グラスは外出時に用いますが、ペットを飼われていたり、あるいは小さなお子様がいる、埃が気になるような場所であれば室内でも着用していた方が良いでしょう。

 

㉑ 就寝時には保護用の眼帯をしっかり使用しましょう。

 

お酒は少量であればOKですが、

 

㉒ スポーツについては手術後一週間はNGです。

 

万一、あなたの視界がこの段階で急に変化したり、何かしらの異常を感じた時にはすぐにレーシックを受けたクリニックで受診して下さい。

 

4 レーシック手術1週間から一ヶ月後の注意点

 

レーシック手術を受けてから一週間で検診を受けて頂きますが、この検査の所要時間は、30分から1時間程度になります。

 

この検診で問題が何もなければ、一ヶ月後の検診になります。

 

手術後の目の状態を細かく観察しておけば、合併症が発生したとしてもすぐに対応できるので、

 

㉓ 『調子が良いから、検診する必要は無いよね♪』というような自己診断はやめましょう。

 

ジョギング程度の軽めの運動であれば、レーシック手術を受けて一週間、何も問題が起きてなければ開始できます。

 

㉔ ただ、眼に衝撃が加わる可能性のある格闘技や球技、あるいは目に水が入るかもしれない水泳系のスポーツは一ヶ月以上控えた方が良いでしょう。

 

アイメイクも可能になりますが、眼に化粧が入らないようにし、またまぶたはこすらないようにして下さい。

 

一ヶ月を過ぎれば、水泳系のスポーツなども行うことが可能になります。

 

その際には必ずゴーグルを着用してください。

 

 

5 職種における注意点

 

 

仕事はどのように対応すればよいのか、ですが……

 

これまであなたとシェアしてきたように、レーシックを受けてから翌日まではかなり目に気を遣う必要があるので……

 

週末の金曜日にレーシックを受け、土日に休み、月曜日から仕事をする、という形が良いのではないでしょうか。

 

㉕ なお、室内のデスクワークをメインとした仕事であれば、仕事量を減らして対応するか、あるいは有給休暇の申請をしてお休みを頂くのが良いでしょう。

 

㉖ オフィスは乾燥していることもあるので、眼の乾きには十分注意し、一週間は保護用のグラスを装着するのが良いでしょう。

 

また、保湿用点眼液も上手く活用して下さい。

 

㉗ 逆に、屋外で肉体労働をする、という方は担当医師にご相談されることを強くお勧め致します。

 

なぜなら埃や粉じんなどの異物が目に入る可能性がそれだけ高くなるからです。

 

㉘ 車の運転については、対向車のライトがまぶしく感じられたり、街灯がまぶしく感じられることがあると思うので夜間の運転はしっかり注意して下さい。

 

㉙ なお、レーシックをして視力が回復した後は、運転免許証の条件欄に『眼鏡等』と書いてある場合は、この限定解除の申請も後からしておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています