羊かん60グラムの食後血糖値

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
羊かん 食後血糖値

さて、これで本日4度目の記事更新となります、まずろーですm(_ _)m

 

今回シェアする情報も、毎度の如く吾輩の18番である血糖値人体実験編になります。

 

 

ただ、これはちょっと注釈をつけておかなければならない事情があります。

 

4e4a2ea5a29e0688092474bb8ad76c77_s

 

こういう羊かんの画像見ると、ぜっっったい、甘いモノだから、血糖値上がりそう、って思いませんか?

 

 

1 羊かん60グラムの食後血糖値

 

まずろーもそう思っていたんですよ。

 

水ようかんでは、水ようかん83グラムの食後血糖値で情報をシェアしているように、あまり血糖値は上がりませんでした。

 

データだけもう一度シェアしなおすと、食後30分で101㎎/dl、食後1時間で109㎎/dl、食後2時間で74㎎/dlという感じです。

 

あんぱんの方が、食後1時間でのMAX血糖値も上ですし、食後2時間経過した後の血糖値も上ですしね。

 

吾輩個人としては、こんな感じで餡子系の食材を取り上げていると、『まずろー、普段は甘い食べ物控えているというのはウソか』と思われるかもしれませんが、控えてはいるんです。

 

実際、血糖値測定する時以外で食べる甘いモノって、100%の野菜ジュースか、かぼちゃ、さつまいも、果物、でん六が出しているポリッピー、煮豆、サンマとかサバの、青魚系の缶詰、くらいでしょうか。

 

あ、寿司のシャリも甘いと言えば甘いですね。

 

今度、寿司も血糖値やってみよう……アレ、ご飯に砂糖使ってるし、結構食後血糖値、上がりそうな気がします。

 

話が大分脱線してしまいましたが、とにかく、普通に羊かん食べたら、血糖値上がる、と思っていたんです、まずろーは。

 

DSCF5781

 

だから、引っ越しで時間が無いというのもあって、羊かん60グラムをムグムグと食べたら、すぐに引っ越しの荷物詰め、及び荷運びを再開したんですよ。

 

どのくらいの運動量なの? と問われると……部屋の中で汗がタラタラと出てくるくらいです。

 

測定していないので、どのくらいの運動量があったのかまではわかりませんが、そこそこ高い運動量かもしれません。

 

そうでなければ、こういう血糖値の結果は出ないと思うんです。

 

羊かん60グラムの食後血糖値は、食後30分で102㎎/dl、食後1時間で85㎎/dl、食後2時間で85㎎/dl。

 

食後1時間と2時間で同じなんて、おかしいやろ?! と思ったのですが……これってやっぱり、引っ越し作業を延々と、汗がダクダクと出るレベルで続けていたからですかね?

 

だから摂取したブドウ糖が瞬く間に消費されてしまったのかもしれません……なので、機会があれば、羊かんについては再度実験して、情報をシェアしたいと思います。

 

DSCF5783

 

原材料は、

 

砂糖、小豆、水あめ、寒天、還元水あめ、ソルビット

 

 

となっております。

 

……原材料名の最初に砂糖が出てきているのに、あの血糖値の結果は、やっぱり普通なら出てこないよなぁ……

 

今回の羊かん60グラムの血糖値測定を踏まえた反省。

 

血糖値測定中は、今後はあまり運動しないようにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています