トップバリュの肉うどん約330グラム食後の血糖値

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
うどん 食後血糖値

例の如く、24日にブログを更新していますが23日に更新しているまずろーですm(_ _)m

 

とうとう冒頭の挨拶も省いてしまったか……(遠い目)

 

 

今日、貴方とシェアする情報は、うどん食後の血糖値について。

 

 

1 トップバリュの肉うどん食後の血糖値

 

今回人体実験に用いたのは、トップバリュの肉うどん。

 

DSCF5757

 

こいつを食した後で、血糖値がどうなるかを実験します。

 

ちなみにこのうどん、1人前で336gと書いていましたが、

 

DSCF5758

 

袋ごと測定したら327グラムしかねえぞ(;´゚д゚`)

 

いやいや、どうなってんのイオン株式会社さん( ゚Å゚;)

 

それともこれって、うどんが水分含んでからの数値?

 

だとしてもなぁ……うーん……と思っていたら、内容量の所に書いてありましたort

 

内容量336g(めん200g、具100g、つゆ36g)とのこと。

 

 

DSCF5760

 

そりゃ、つゆを除けば336にはならんよなぁ……

 

味の方は、まぁまぁ美味しかったです。

 

香川県の工場で作っている、と明記しているだけあって、普通の冷食のうどんよりもコシがありました。

 

汁もまずろー好みの味。

 

少々濃いめかもしれませんが、関西の方でなければ普通に汁も飲めるかと。

 

まぁ、このブログは食レポはやっていないので(笑)、味の感想はこの辺にしておきましょう。

 

こちらの肉うどんの原材料は、

 

めん(小麦粉、食塩、加工でん粉)、具(牛肉、野菜【玉ねぎ】〈国産〉、ねぎ)、しょうゆ(小麦、大豆を含む)、砂糖、風味調味料(乳成分、ゼラチンを含む)、かつお節エキス(大豆を含む)、調味料(アミノ酸等)、つゆ(しょうゆ【大豆、小麦を含む】)、砂糖、食塩、ビーフオイル、発酵調味料、かつおエキス、果糖ブドウ糖液糖、たん白加水分解物(大豆を含む)昆布エキス、ビーフエキス(大豆、小麦、豚肉、ゼラチンを含む)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料

 

となっています。

 

玉ねぎは国産ですが、牛肉やねぎはどこの産地なんでしょうか?

 

下の方に、

 

『牛肉の原産地は適宜切り替えて使用しています』とあるんで、その時々でアメリカ産だったり、オーストラリア産だったり、中国産だったりするのでしょうか。

 

エネルギーは一袋(336グラムあたりで)361キロカロリー。

 

たんぱく質が12.8グラム、脂質が5.7グラム、炭水化物が65.9グラム、ナトリウムが2.3グラムと記されています。

 

ちなみにうどんのGI値は79。

 

そばはGI値が58になります。

 

正月にやった年越しソバの時は、血糖値はこんな感じになっています。

 

ソバで食後血糖値がどのくらい上がるか

 

まぁ、睡眠時間との関係で、この時のデータは参考程度にしておいてください、とは書いていますが、今回のうどんについては、食前の血糖値が71と出ています。

 

普段より10以上低いのは、寝る3時間前にモスバーガーを食しましたが、昼の13時から夜の21時30分までガッツリ寝て、その後は何も食べずに24日の午前0時30分に再び就寝、6時に起床、というのも大いに関係あると思います。

 

まずろーの体調としては、普段からガッツリ寝ていれば、血糖値が70台前半になるのかもしれません。

 

ただ、血糖値の基準値は、平常なら70~109㎎/dlなので、今回のまずろーの食前血糖値はギリギリの数値なんですよね(汗)

 

血糖値は低すぎてもダメなのは、血糖値は低ければ良いの? 低血糖の危険性を参照して下さいm(_ _)m

 

さて、肝心のうどんの食後血糖値ですが、食後30分で128mg/dl、1時間で115mg/dl、2時間で98mg/dとなりました。

 

ソバと比較すると、こんな感じになります。

 

無題

 

 

ソバの時は血糖値的にあまり良い条件ではなかったことに加え、正確な分量が分かっていないので、単純な比較はできませんが、蕎麦はうどんよりも食物繊維が豊富なので、血糖値的に優しいとは言えるかと思います。

 

栄養価的にも、ポリフェノールの一種であるルチンや必須アミノ酸のリジン、ビタミンB1やB2などが含まれているので、麺類食べるならオススメかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています