白あんパン一個食後の血糖値

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
白あんパン 食後血糖値

おはようございます、神奈川から今日の朝方に帰宅したまずろーですm(_ _)m

 

今、弁当の準備を行いつつ、出勤準備をしています。

 

 

 

こうして書いていると、2交代勤務の不安定性が如実に表れますね。

 

こういう生活していれば、そりゃ太りやすくもなりますわ。

 

検査作業だから、基本動きませんしね。

 

さて、今日のお題は白あんパン一個食した後の血糖値がどうなるか、です。

 

 

1 白あんパン一個食後の血糖値

 

 

今回の企画を思いついたのは、あんぱん一個食後の血糖値をやった際に、『あんことジャムとかクリームでは食後血糖値に差が出るのか? 小豆には食物繊維とか含まれているし、あんこにしても差がでるのは?』と思ったからなんですが、

 

『なら、あんこはあんこでも、小豆のあんこと白あんを比較してみよう』

 

と思い立った訳です。

 

白あんは、白いんげん豆、もしくは白アズキを茹でたものを潰し、砂糖などの甘味料で味付けしたものなんですが……

 

DSCF5717

 

うん、白あんとしか書いてない(爆)

 

これだと白あんにどういう原料が使用されているのか、ちょっとわかりません(T‐T)

 

原料が変われば、当然のことながらGI値も変わるのですが……しょうがないので、その辺の考察は飛ばしましょう。

 

悩んだところで、わからんモノはわからんので。

 

わかる範囲で記していくと、

 

白あん、小麦粉、砂糖混合ブドウ糖果糖液糖、マーガリン、乳等を主要原料とする食品、卵、脱脂粉乳、ぶどう糖、パン酵母、ケシの実、植物油脂、食用加工油脂、(水あめ、植物油脂、植物性加工油脂、その他)、食塩、乳化剤、ソルビット、加工デンプン、糊料(アルギン酸エステル、増粘多糖類)、リン酸塩(Na)、香料、pH調整剤、酸化防止剤(V.E)、シリコーン、着色料(アナトー・ウコン)、イーストフード・V.C、酵素(原材料の一部に大豆を含む)

 

となっています。

 

あんぱんの場合、先頭に『こしあん』が白あんの代わりに入り、パン酵母の次にある『ケシの実』がありません。

 

これが何を指しているかというと、白あんとこしあん以外は、ほぼほぼ一緒の材料が使われている、という推測が成り立つ点です。

 

つまり、白あんとこしあんで、どちらの方が血糖値に影響を与えるか、おおよそわかる訳です。

 

ちなみにカロリーもほぼ一緒。あんぱんは344キロカロリーでしたが、こちらの白あんぱんは341キロカロリー。

 

カロリーだけでいけば、ほんの僅かですがアンパンの方が大きいことになります。

 

今回、測定する前の血糖値は86mg/dlでした。

 

で、肝心の食後血糖値は、

 

白あんぱん食後30分で139mg/dl、食後1時間で95mg/dl、食後2時間で87mg/dlとなりました。

 

無題

 

三種類のパンの血糖値をグラフ化するとこんな感じになりました。

 

やっぱりジャムパンが突出して血糖値が高くなっています。

 

食後30分からだとそう血糖値がスパイクしていないように見えるかもしれませんが、これに食前の血糖値を加えれば、かなりカクカクとしたスパイクが形成されるでしょう。

 

とりあえず、人体実験をした結論をあなたとシェアします。

 

・ジャムとあんこであれば、あんこの方がまだ血糖値が極端な動きをしない

・ただし、白あんと普通の小豆でこしらえたこしあんであれば、小豆でこしらえたこしあんの方が血糖値の動きがなだらかになる

 

という結果になります。

 

この人体実験はまずろー一人がモルモットになっていますので、そこはご了承下さいm(_ _)m

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています