赤飯(もち米)210グラムの食後血糖値

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
赤飯 もち米 食後血糖値

こんばんは、今日は暑い、本当に暑い1日でした、まずろーですm(_ _)m

 

もう汗がヘルメットから垂れてくるんですよね、滝のようにダクダクと。

 

 

そんな状態だったので、もう今日は帰ってきてからダウン寸前だったのですが……職場の先輩から、これやるよ、とプレゼントを頂きまして。

 

赤飯 もち米 食後血糖値

 

 

でぃす、いず、せきはんっ! そう、お赤飯をなぜか頂きまして。

 

赤飯頂いてさて、普通に食べようか、と思ったんですが……

 

 

 

【あれ? そう言えば、吾輩ってもち米の食後血糖値って測定したことってあったっけ?】

 

 

と職場で、これまでに投稿してきた食後血糖値に関する記憶を振り返り、そう言えばやっていない、と思い至り、自宅にまで持ち帰ってから人体実験を実行しようと考えた次第です。

 

 

1 もち米の栄養価とその効果

 

 

ちなみにもち米の栄養価は、白米とほぼ変わりありません。

 

しかし、こういう人は食べた方が良いよ、という効果もあるようで。

 

それはズバリ、トイレが近い人。

 

 

もち米には利尿を抑える効果があるので、トイレに頻繁にいく方には、この効果が良い方向に作用しそうです。

 

 

 

また、もち米には身体を温める作用があるので、冷え性に苦しんでいる方にもオススメ。

 

お腹の冷えから生じる下痢にも効果が期待できそうです。

 

 

 

2 赤飯(もち米)210グラムの食後血糖値

 

さて、話題を赤飯(もち米)210グラムの食後血糖値に戻すとしましょう。

 

一応、上記の写真にも原材料が掲載されていますが、この赤飯はもち米と、ささぎ(あずきっぽい豆のことです)だけだと思われます。

 

 

 

ちなみに、上記の写真にゴマがありますが、ゴマは振りかけずに食しました。

 

そちらの方が純粋にもち米、赤飯の食後血糖値が測定できると考えての判断です。

 

 

食した感じでは塩も、おそらくはこちらのゴマの方にあると思われましたので。

 

 

全然塩味がしないから、ほぼ間違いないと思います。

 

 

もち米のGI値は80で、精白米とほぼ変わらず。

 

精白米は83、とされており、赤飯だと76とされていますが、参照する文献が異なると、GI値の細かな数値は多少上下するので、ほぼ一緒と考えて良いかと思います。

 

 

 

さて、肝心の食後血糖値なんですが、赤飯(もち米)210グラムを食した後の血糖値ですが、食後30分が142mg/dl、食後1時間で143mg/dl、食後2時間が131mg/dlとなりました。

 

 

グラフにすると、こんな感じになります。

 

米

 

 

今回は、これまでまずろーが色々と試してみた米系の食後血糖値のデータも試してみました。

 

1年以上前に試行した人体実験もありますし、今回の赤飯のようにはじめてトライした実験もあります。

 

 

ここで、まずろー、いくつかの疑問が出てきました。

 

1年以上人体実験していたからこその気付き、とでも言うべきものなんですが、それをここでシェアしようとしてしまうと、ちょっと時間的にキツイものがあるので、今回は区切りが良い所で情報のシェアを終わらさせて頂きます、ご了承下さいm(_ _)m

 

 

 

あ、あといつものことなのですが、これはまずろーがやったらこうなった、というデータです。

 

ですので、誰がやってもこうなる、という訳ではありませんし、貴方がやってみると違った結果が出る、というのは充分にあり得る可能性ですので、そこをご了解の上で当データを参考にして頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています