さつまいもによる血糖値上昇と食物繊維の関連性

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
さつまいもの血糖値の上昇幅

えー、タイトル通り、さつまいも食べたらどのくらい血糖値が上昇するのか試してみようと思い、トライした次第。

 

でもなぜさつまいも、とあなたは思われるかもしれませんが……

 

 

それには以前あなたとシェアした血糖値測定器で血糖値を測定してみた炊きたてのご飯を食べて血糖値を測定の経緯をお伝えする必要があります。

 

最初に、マクドナルドのハンバーガーやビッグマックを、サラダと一緒に食した結果、血糖値の上昇がかなり抑えられました。

 

摂取した糖質量は75gオーバーでしたが、最高の血糖値で128㎎/dLで、二時間後には110㎎/dLと全然大丈夫だったのですが……

 

翌日にやった炊き立てご飯210gを食べたので、やはり糖質量は75gオーバー。

 

血糖値の方は、最高で179㎎/dL、二時間後でも177㎎/dLと境界型と判定されたのですが……

 

ご飯オンリーと、マックのハンバーガーにサラダ、共に糖質量はほぼ一緒。

 

しかし、血糖値の上昇幅にはものすごい差が生じました。

 

そこで、よく血糖値のある本なんかに書いてあるのは、『食物繊維の摂取が、急激な血糖値の上昇を防いでくれる』というもの。

 

……んー、じゃあちょっと試してみようということで、

 

さつまいもの血糖値の上昇幅

 

さつまいもを蒸かして、約270gほど準備しました。

 

さつまいもは100gでおよそ29.2gの糖質があるとされています。

 

品種によっても変化があると思いますが、まずろーが食したのは徳島県産の鳴門金時。

 

ホクホクしていて、非常に美味いサツマイモです。

 

どこの通販で買ったかというと、ここ。

 

さつまいも鳴門金時の販売

 

楽天で出品している鳴門金時を購入して、以前痛い目を見てからは、さつまいもに関してはここのモノしか食べていないんですよね。

 

で、話を血糖値に戻しますが、29.2g×2.7=78.84gほどの糖質量があることになります。

 

そして、さつまいもは200gで4.6gほどが食物繊維とのこと。

 

なので、270g食べれば6.2gほどが食物繊維になる計算ですね。

 

白米を210g食べて、糖質が77gほどになりますが、食物繊維は0.63gなので、食物繊維の量はさつまいもの十分の一ほど。

 

食物繊維が血糖値の急激な上昇に対して、有効に働くのであれば、最初に血糖値を測定したマクドナルドのハンバーガー&サイドサラダのように、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるはず!

 

と言う訳で、身をはって実験してみました。

 

DSCF5210

 

シャワー浴びた直後に血糖値をはかったんで、ちょいと高めの90㎎/dLになっています。

 

んで、食べた30分後が、

 

DSCF5211

 

おろろろろ……やはり上昇しました。

 

174㎎/dL……さぁ、ここから食物繊維の効果を見せてくれっ!

 

一時間後の血糖値っ!

 

DSCF5212

 

え?( ̄ー ̄?)

 

まだ上がる? しかもまずろーが血糖値測定してはじめての200越え? 217? こりゃヤバくない?

 

とりあえず、2時間後の血糖値はここから鮮やかに下降して、

 

DSCF5213

 

……おかしい。

 

この記事書く前までは、『おぉ、こりゃ食物繊維の効果ですな、素晴らしい!』と言おうと思っていましたが、どうにも微妙。

 

いや、167㎎/dLだから、ご飯だけ食べた2時間後の血糖値である177㎎/dLよりは低いんですが、血糖値測定器の誤差の範囲内、と言うことも十分に出来る数値。

 

判断に難しい……とりあえず、3時間後まで待ってみましょう。

 

DSCF5214

 

3時間後に一気に落ちましたが、これもどうなんだか、と思わずにはいられません。

 

食物繊維の量は、マクドナルドのサイドサラダで0.8g。

 

今回のさつまいも270gでは、約6.2g。

 

最初に実験した白米210gでは、約0.63g。

 

糖質の量はどちらとも75g以上ですが、マクドナルドが75.3g、白米が77g、さつまいもが78.84g

 

あんまり、食物繊維が関係していないんじゃないだろうか? という結果に落ち着いてしまいました。

 

これって、『食物繊維が血糖値の上昇を抑制している』のではなく、健常者、つまり私のような境界型や糖尿病にはなっていない方を被験者にした実験だからではないでしょうか?

 

なぜなら、血糖値は健康な人なら、ケーキをバクバク食っても、140㎎/dL以上には上がらないそうなんですね。

 

なら、まずろーのような境界型(糖尿病予備軍)の人や、糖尿病患者さんを相手にしたデータで無ければ、本当に食物繊維が血糖値の上昇に効果をあげているのかわからないのではないか、と思います。

 

とりあえず、結論としては

 

・白米やさつまいもを単品で食べると血糖値がバカみたいに上がる。

・食物繊維が血糖値上昇の抑制に効果を上げるかはわからない(まずろー個人のデータでは効果無し)

 

という2点が確認できたので、今後は白米は外食時で出された時のみ、さつまいもについても基本食べない方針で行こうと思います。

 

あぁぁ、さようなら、俺のサツマイモ(T‐T)

 

栄養価そのものは非常に豊富なんだけどなぁ……残念無念(T皿T)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています