なぜ血糖値が上がるのか良く分からない理由

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
血糖値が上がる理由

タイトルから判断して血糖値のことだろうというのは、あなたにもわかるかと思いますが、『なぜ血糖値が上がるのか良く分からない』とはどういう事ぞや? と首を傾げていないでしょうか?

 

そもそもこのブログを書いているまずろーも、首を傾げているのです。

 

 

1 血糖値が上がる理由

 

血糖値が上がる理論については、分かっている……分かっているつもりです。

 

睡眠時間が短いと血糖値が高くなる 人体実験編や、睡眠時間と糖尿病の関連性高血糖になる2つの要因高血糖になる2つの要因などでシェアさせて頂いています。

 

まぁ、さっくりまとめさせて頂くと、

 

① 遺伝的要素

 

② 食生活や睡眠といった生活習慣

 

不眠症 症状

 

①はともかく、②について補足すると、食事をした際に、高くなった血糖値を察知した脳みそが、膵臓に対してインスリンを分泌することで、血糖値を下げようとしていることは、これまでシェアした通りです。

 

結果、血糖値が下がります。

一応、ここでもシェアしますが、インスリンの抵抗性とは、あなたや吾輩の身体でインスリンが正常に働かなくなった状態のことを言うのですが、筋肉とか肝臓が、血液中のブドウ糖を取り込まなくなると、この状態に陥ってしまう訳です。

なくなってしまった結果、血糖値が下がらなくなって、最終的には糖尿病になってしまう訳です。

糖尿病になると、このインスリンがうまく働きません。

 

糖などのエネルギーになるものを細胞へ取り込めない=糖代謝異常と呼ばれる症状ですが、こうなると常に高血糖=血液中に糖が溢れかえる、という状態ですね。

 

2 なぜ血糖値が下がらなくなるの?

 

で、前置きはこのくらいにして、本題です。

 

昨日、こんな記事をあなたとシェアしました。

 

ローソンのカツカレー食後の血糖値

 

この時、当初は単純に以前やったキーマカレー食後の血糖値と比較できないかな、と思ってやってみたのですが、同じカレーなのに結構差が出たと思った訳です。

 

食後30分で血糖値が20以上の差が出ていましたし。

 

キーマカレー 血糖値

 

キーマカレーで、30分後が123㎎/dL、1時間後が98㎎/dL、2時間後が98㎎/dL。

 

んで、ローソンカツカレーが食後30分の血糖値が148mg/dl、食後1時間が135㎎/dl、食後2時間が102mg/dl

 

でもキーマカレーの方が、米の摂取量は多いと思うので、糖質の量はローソンのカツカレーの方が少ないはずなんですよね。

 

もっとも、カツがどう作用しているのかはわかりません。意外とその辺りが原因かもしれません。

 

あるいは、起床してからの時間が関係しているのではないかと思いました。

 

睡眠時間が短いと、糖尿病になりやすいというのは、睡眠時間と糖尿病の関連性でシェアした通りです。

 

また、まだ完全にはシェアしていませんが、一部睡眠時間と、その質で血糖値が変化するのではないか、という内容を4つの寝る姿勢のメリット・デメリットの冒頭でもさわりだけシェアしています。

 

12月では、米のみで、こんな感じで血糖値が推移していました。

 

炊きたての白米210グラム食後の血糖値 リベンジ編

 

30分後が124㎎/dL、1時間後が104㎎/dL、2時間後が89㎎/dLですね。

 

カレーかけて食べた方が、上がっているの……いや、糖質の量が多いからそらそうだろう、と思われるかもしれませんが、それならばカツカレーはどうしてだ? 米の量は少ないのに、ということです。

 

カツカレー 血糖値

 

画像見た限り、そんなに多くなさそうなのですが……やはり米の量計測しないと……でも今回も忘れちまったんだよな、計量ort

 

だって、美味そうなんだもん、カツカレーort

 

とりあえず、疑問を一つずつ潰していく必要があるので、朝9時30分に同じカツカレーを食べて、9時40分に完食して、データをとってみました。

 

結果、30分後が137㎎/dL、1時間後が106㎎/dL、2時間後が96㎎/dL。

 

キーマカレーの数値に近づいてはいます。

 

キーマカレーの数値は、朝方ではなく昼頃でしたが、血糖値を測定する時間も関係しているのかもしれません。

 

明日は吾輩の耐糖能が落ちているのかどうかを検証するため、以前やった米210グラムで測定してみたいと思います。

 

ただ、それだけでシェアする内容ではない(ものすごくブログが短くなってしまう……)と思うので、どこかの記事で、冒頭部で『あ、あの時のことだけど』という感じでシェアしたいと思います、ご了承くださいm(_ _)m

 

今回、あなたとシェアする結論。

 

・測定する時間によって、同じ食べ物を食べても血糖値の上昇幅が違う可能性がある

・吾輩、せっかく回復しかけていた耐糖能が再び落ちている可能性アリ(T‐T)

・カツのように油であげたものは、ひょっとしたら血糖値を上げやすい?

 

以上3点ですね。

 

この人体実験は、まずろー一人しか被験者がいないので、その点をご了承下さいm(_ _)m

 

 

追伸

 

でも、毎日筋トレやっているのに、筋肉中々つかないし、耐糖能が落ちているとかって、めちゃくちゃへこむ。

 

食べ方を少し注意しつつ、バーベルの重さを増やす時期にきたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています