ローソンのブランのパンケーキ食後の血糖値

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ブラン パンケーキ

おはようございます、まずろーですm(_ _)m

 

今日はちょっと予定を変更しまして、昨日と同じになりますが、食後血糖値についての実験情報をシェアさせて頂きます。

 

 

本日のお題は、ローソンのブランのパンケーキ。

 

 

1 ローソンのブランのパンケーキ食後の血糖値

 

ブラン パンケーキ

 

こちらの画像でもある、ブランのパンケーキ。

 

吾輩の住んでいる近辺のローソンでは、中々手に入らないのです。

 

消費期限が4月22日になっているのは、転職で採用面接が神奈川で行われた際に、高速バスの中でやることが無かったので、食後血糖値の測定をしたからです。

 

なので、データ自体は前々からとっていたのですが、このブランの、パンケーキの原材料名がわからず、二度目の入手日となった今日までお蔵入りとなっていた次第。

 

ちなみに、このパンケーキ、アガべシロップ入り、とありますが、アガベとはメキシコ原産のリュウゼツランから抽出されたシロップ、だそうです。

 

ちなみにこのパンケーキ、まずろーが今まで食した事があるローソンのブランシリーズは、ローソンのローカーボンのパウンドケーキ食後の血糖値ローソンのブランのドーナツ一個食後の血糖値と合わせて三種類ありますが、甘味はこのパンケーキが一番好みです。

 

甘味そのものはパウンドケーキとどっちが強いのか、判断出来ませんが、このサッパリした甘味は個人的に好みです。

 

一応、このパンケーキの包装に糖質6.2グラムとありますが、これはパンケーキ1個当たりの糖質量。

 

2個では12.4グラムの190キロカロリーという計算になります。

 

一応注釈を加えておくと、ブランのくるみパウンドケーキは糖質14.4グラムの357kcal、ブランのドーナツは13.1グラムの糖質で、265kcalとなっています。

 

原材料は、

 

卵白、全卵、植物油脂、メープルゼリー(異性化液糖、難消化性デキストリン、グラニュー糖、三温糖、メープルシロップ、アガベシロップ、寒天)、還元難消化性デキストリン、上白糖、小麦ふすま、ホイップクリーム、乳化油脂、難消化性デキストリン、植物性たん白、ミルク風味クリーム、水あめ、ミルククリーム、洋酒、加工デンプン、グリシン、グリセリン、乳化剤、酢酸Na、膨張剤、乳酸Ca、香料、糊料(増粘多糖類)ソルビット、ホエイソルト、pH調整剤、カラメル色素、グリセリンエステル、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む)

 

となっています。

 

で、肝心の食後血糖値なんですが……

 

このパンケーキを食す前、まずろーは高速バスで移動していたためか、7時間ほど寝た後で血糖値を測定したのですが、2回測定して92、94だったんですね。

 

まずろー、普段の血糖値は高くても80台後半なので、高速バスで眠るという環境下だったため、きっちり熟睡できず、血糖値がやや高い状態で実験を敢行せざるを得ませんでした。

 

そういう状況下であったことをご理解の上で、データを参考にして頂ければと思いますm(_ _)m

 

パンケーキ食後30分で血糖値は106㎎/dl、食後1時間で93㎎/dl、食後2時間で87㎎/dlとなりました。

 

ローソンのブランシリーズをグラフにすると、こんな感じになります。

 

無題

 

血糖値が少しばかり高い状態で測定したためか、やはりパンケーキがやや高い血糖値になっていますが、それでも106㎎/dlなので、ローソンのブランシリーズのパンは、血糖値的には優しい食品である、と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています