のりは食後血糖値を抑えてくれるか?

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
のり 食後血糖値

おばんです、まずろーですm(_ _)m

 

本日貴方とシェアする情報は食後血糖値なんですが、その題材はズバリ、のり。

 

 

あの海藻の、海苔(のり)です。

 

 

1 海苔(のり)の栄養

 

さて、そんな海苔の栄養ですが、意外と海苔は栄養が豊富なんです。

 

a0002_004887

 

ウソ~、と貴方は思うかもしれませんが、例えばビタミン。

 

ビタミンAにB1、B2、ビタミンCなどはかなり多め。

 

特にビタミンAとビタミンB1とビタミンB2については、およそ6グラムの海苔で毎日の必要量がまかなえます。、

 

6グラムとはどんなモノや? と言うと、一枚で約3グラムになります。

 

つまり、海苔2枚で、上記のビタミンは1日の必要量が補えるのです。

 

ビタミンCについても、様々な野菜に匹敵する、というだけではなく、海苔だからこそのメリットが存在します。

 

それは、のりのビタミンCは長期保存がきくこと。

 

また、ノリのビタミンCは例外的に、熱に強いという点。

 

つまり、焼きのりにしてしまってもビタミンCを補充できるのです。

 

また、ノリに含まれるクロムと言う成分は、糖尿病に効果があるのではないか、と期待されている栄養成分でもあります。

 

クロムは青魚で有名なDHAやEPAと同様、を血液をサラサラにする効果が期待されており、膵臓がインスリンを分泌する作用をクロムが補強することで、血糖値が安定する、とのこと。

 

他にも血圧を下げるカリウムや、食物繊維が豊富、というメリットがあります。

 

ただ、海藻をこよなく愛する日本人は、ヨード(ヨウ素)をそこそこ摂取する傾向がありますが、これが行き過ぎてしまうとヨードの過剰摂取による、甲状腺異常を起こしてしまいますので、ノリの過剰摂取には注意する必要があります。

 

 

2 のりは食後血糖値を抑えてくれるか?

 

さて、ここからがいよいよ本題です。

 

先程貴方と情報をシェアしたように、のりのクロムが血糖値を安定させる、とありますが、そうなのであれば食後血糖値も抑えてくれるのではないか、という推測が成り立ちます。

 

ただでさえ、ノリには食物繊維が豊富なのですから、食物繊維が食後血糖値を安定させると言うなら、ノリには食後血糖値を抑えてくれる可能性がある、と考えたのです。

 

まぁ、まずろーは、さつまいもの実験等で、食物繊維が本当に血糖値を抑えてくれるのかは、これまでの数々の人体実験の結果、少々懐疑的ですが。

 

とりあえず、推測をただしているだけでは埒が明かないので、まずはノリを用意。

 

DSCF5801

 

のりは6枚用意し、これをパリパリと食べながらご飯を頂きました。

 

ご飯は210グラム用意。

 

DSCF5800

 

 

そして、血糖値を測定したのですが、食後30分で96㎎/dl、食後1時間で134㎎/dl、食後2時間で133㎎/dlとなりました。

 

ちなみに、ご飯単品で食べた記録(野菜ジュースは食後血糖値を抑えてくれるか?参照)もありますが、この時の記録は食後30分で125mg/dl、食後1時間で127mg/dl、食後2時間で107mg/dlとなっています。

 

血糖値測定器の誤差の範囲内でおさまっていることから考えると、のりに食後血糖値を抑えてくれる力は、まずろーの場合は無かったのかな? という結論に落ち着きそうです。

 

ただ、この実験はまずろー個人の結果であり、実験したモルモットはまずろーだけです。

 

貴方が同じことをやっても、同じ結果になるとは限らないことをご了承の上で、参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています