肉まん1個食後の血糖値

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
血糖値

おはようございます、今日も普通にブログを書く時間の確保に四苦八苦するまずろーですm(_ _)m

 

それでもきっちり書こうとする吾輩……んー、頑張ろうね。

 

 

さて、今回あなたとシェアするのは、まずろー18番の食後血糖値人体実験シリーズの情報について。

 

今回のお題は……肉まん!

 

冬だとコンビニだとかではふはふと言いながら、熱々の肉まんをほおばる、というのはよくある光景かと思われます。

 

それともあなたはあんまん派でしょうか? あるいはピザまん? カレーまん? あるいは大穴でチョコまんとか?

 

 

1 肉まん1個食後の血糖値

 

さて、話を戻しましょう。

 

一口に肉まんと言っても、どこの肉まんなのかわからないと反応のしようがないと思うので。

 

今回の実験に使用したのは、トップバリュの肉まん。

 

dscf5645

 

一個あたりの重量は85グラムだそうです。

 

dscf5646

 

う、少々ピンボケしていてはっきりと見えませんが、ある程度は見えるかと。

 

糖質は29.0グラムと結構ありますね。

 

原材料を書くのはさすがに骨が折れるので、こちらも画像で。

 

dscf5647

 

小麦粉と砂糖、肉に少量の野菜を中心とした具(たまねぎ、たけのこ、しいたけ(こちらはキノコですが……)、しょうが、にんにく)が入っています。

 

で、これをパクパク食べた後の食後血糖値を測定してみたんですね。

 

最初は、糖質もそこそこあるし、何より肉まんの皮は小麦粉が主体なので、そこそこ血糖値が上がるかな、と思っていました。

 

このブログでは書いていませんが、以前ローソンで購入した肉まんを食した際には、血糖値が食後30分だか食後1時間だかで140mg/dl以上にまで上がった記憶があります。

 

ですので、今回もある程度まで上がるかもしれない、と。

 

ただ、このローソンで購入した肉まんを食したのは、9月ごろ。

 

つまり、筋トレをはじめる前なので、その辺りがどう影響するかな、と思っていたのですが……

 

結論からシェアさせて頂くと、肉まん1個、食後30分の血糖値は89mg/dl、食後1時間で84mg/dl、食後2時間で83mg/dl、と全く変わっていない、と言っても良いくらい、血糖値がスパイクしない結果となりました。

 

写真は……すいません、デジカメのバッテリがお腹すいていたらしくて、ストライキを起こしたのでありませんm(_ _)m

 

これは、あれなんでしょうか? 肉まんの具としてある野菜類や、あるいはひき肉そのものがうまい具合に、食後血糖値が上昇するのを防いでくれたのでしょうか?

 

少なくとも、パンをそのままパクパク食べるよりは、肉まん食べた方が食後血糖値が上昇しないのではないか、という結論に落ち着きましたのでシェアさせて頂きます。

 

ただ、この実験のモルモットはまずろー一人しかおりませんので、個人差が大いに出ることが考えられます。

 

さらに言うと、最近の吾輩の食血糖値は、ブログをみて下さっている方ならおわかりだと思いますが、

 

玄米210グラム食後の血糖値

 

炊きたての白米210グラム食後の血糖値 リベンジ編

 

こちらでも書いているように、これまでの糖尿病予備軍(境界型)の方のような食後血糖値とは異なり、通常の健常者の範囲におさまりつつあります。

 

その辺りの事情も含めて、この結果を参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています