モスチーズバーガーを2つ食べて血糖値を測定

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
モスチーズバーガー

肉食いたい! という一念で、何か血糖値関連の記事が書けないものかと画策したまずろーですm(_ _)m

 

タイトル通り、モスチーズバーガーを2つ食べて血糖値がどのくらい上がるのかを測定してみました。

 

 

なぜモスチーズ? と思われるかもしれませんが、一応、理由はあります。

 

血糖値測定器で血糖値を測定してみたでマクドナルドのハンバーガーを使って血糖値の測定をしたので、モスバーガーも使ってみようと思った訳です。

 

マクドナルドのハンバーガーを使った時は、糖質が75gを超えるようにと、サイドサラダでレタスを食べたのですが、これが功を奏してか血糖値はそれほど上昇しませんでした(……炊きたてのご飯を食べて血糖値を測定でまずろーが境界型の糖尿病予備軍であることがわかったので、ぬか喜びだった訳ですが)

 

今回は純粋に、一種類のハンバーガーを二個食すことで、糖質を75gに近づけつつ、そのハンバーガーに入っている材料を検討して、食後の血糖値上昇を抑えてくれる食材を見つけようと考えた次第です。

 

まぁ、多分レタスは食後血糖値の上昇を抑えてくれるんだろうなぁ、とは思うのですが。

 

まずは、いつも通り食べる前に血糖値を測定。

 

DSCF5242

 

73mg/dlですね。

 

最近、豆類とかナッツ類と共にキャベツやらトマトやらレタスやらと、低等質な食品ばかり食べているからか、80以上だった血糖値が70前後になっていますが……多分、血糖値測定器の誤差の範囲内かな。

 

モスチーズバーガー

 

で、今回用意した供物モスチーズバーガー2つ。

 

これをパクパクと15分ほどかけて食べます。

 

ちなみにモスチーズバーガー1個の糖質は36.8gほど。

 

2つだと73.6gと、ビックマックとハンバーガー食べたのとほぼ同じ糖質になります。

 

それでは、左から順に完食後30分、1時間、2時間後の血糖値。

 

DSCF5245 DSCF5246 DSCF5247

 

左から順に172mg/dl、169mg/dl、101mg/dl。

 

さて、マクドナルドのハンバーガー食べた時は、サイドサラダも食べたのですが、サイドサラダの主体はレタス。

 

このレタスが食後血糖値の上昇を抑えたであろうとまずろーは考えていますが、モスチーズバーガーに含まれる食材は、

 

① パティ(パン)

② パティ(ハンバーグ)

③ トマト

④ 玉ねぎ

⑤ ミートソース

⑥ チーズ

 

となります。

 

まぁ、炭水化物のパンが食後の血糖値上昇を抑制する可能性は排除して良いでしょう。

 

日本糖質制限医療推進協会の実験では、200gのレタスを食べてから白米を食すと、食後の血糖値上昇が抑制された、というデータがありますが、同様に鶏肉200gと白米を一緒に食べたデータもあるんですが、これも血糖値の上昇抑制に一役買っていると思われる節があります。

 

その辺考えると、②~⑥はどれも食後血糖値の上昇を抑制した可能性があると言えなくもないのか、と。

 

個人的には、肉か玉ねぎか、あるいはトマトか思います。

 

実際のところはわかりませんが、要点をまとめると、

 

・ パンは、たまねぎやトマト、そしてチーズに肉などと一緒に食べると、食後の血糖値抑制に貢献していると思われる

・ ただし、その効果はレタスと共に食した時ほどではない

 

こんな感じでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています