黒糖ロールパン130グラム食後の血糖値

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
黒糖 血糖値

今日も、と言うよりは今回もアクセル全開で飛ばしていきましょうっ!

 

と言うか、飛ばさないと、今日中にたまっている分を消化しないと、いつまで経っても消化しきれない(T‐T)

 

 

今日のお題は、黒糖ロールパン。

 

黒糖を用いたロールパンの食後の血糖値を測定してみました。

 

 

1 黒糖の栄養価とGI値

 

 

さて、あなたは黒糖についてどのくらいご存知でしょうか。

 

ちなみに吾輩は調べてみるまで、黒糖=甘味が深い砂糖、くらいの認識しかありませんでした。

 

……だって、黒糖ロール、美味しいんだもの。

 

黒糖使ったサーターアーダーギ(沖縄の揚げドーナツ)も美味しいんだもん。

 

もっとも、砂糖断ちしてからサーターアーダーギは食べていませんが。

 

閑話休題。話を元に戻しましょう。

 

黒糖と言っても、砂糖の一種のため、栄養はそんなに無いだろう、と思われたあなた。

 

まさしく砂糖のごとく甘い考え! え? 面白くない? ……そうですか、面白くないですかort

 

気を取り直して……黒糖には意外かもしれませんが、結構栄養が豊富です。

 

砂糖(上白糖)大匙一杯(9グラム)ほどだと、ナトリウムが0.09㎎、カリウムが0.18㎎、カルシウムが0.09㎎、銅が計測できないくらいちょっと、しか栄養がありません。

 

まぁ、カロリーはありますが。

 

対する黒糖は、ビタミンB1(9gだと、計測できないくらいちょっとですが)、ビタミンB2が0.01㎎、ナイアシンが0.07㎎、ビタミンB6が0.06㎎、葉酸が0.9μg、パントテン酸が0.12㎎、ビオチンが3.02μg……

 

と、こんな感じでビタミン類が結構あります。

 

これに加えて、ミネラルも黒糖は豊富。

 

ナトリウム2.43mg、カルシウムが21.6mg、カリウムが99㎎、マグネシウムが2.79㎎、リンが2.79㎎、鉄が0.42㎎、亜鉛が0.05㎎、銅が0.02㎎、ヨウ素が1.35μg、セレンが0.36μg、クロムが1.17μg、モリブデンが0.81μg

 

となっております。

 

これって、結構な違いです。

 

なので、日々使っている砂糖を、黒糖に変えるだけでも、骨粗鬆症の予防や、高血圧対策、むくみの解消、貧血の解消も期待できます。

 

ちなみに、上白糖のGI値は109、黒糖が99なんで、血糖値的にはどっちもどっちという感じです。

 

2 黒糖ロール130グラム食後の血糖値

 

さて、それではいよいよ本命の人体実験の時間ですっ!

 

黒糖 血糖値

 

スーパーで購入してきた黒糖ロールを皿にありったけ乗せ、重さを測定。

 

しかる後にこれを一気に食し、食後30分、食後1時間、食後2時間の血糖値を測定。

 

結果、

 

dscf5635

 

dscf5636

 

dscf5637

 

 

全っ然っ下がりませんっ(´д`、)

 

びっくりして山崎黒糖ロールの成分表示を見てみました。

 

dscf5638

 

あ、結構ピンぼけしている……

 

ただ、小麦粉の次に、三温糖、加工黒糖(多分、加工黒糖と書いているはず)ときているんで、結構な量のお砂糖使っていると思われます。

 

これじゃあ、血糖値下がらんわなぁ。

 

今度から黒糖ロール食べる時は、普通に野菜を口にしてから食べるようにします。

 

もしくは量を抑えるか、ですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています