キーマカレー食後の血糖値

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
キーマカレー 血糖値

さて、今日のお題はいつものごとく、血糖値の人体実験シリーズです。

 

お題は、キーマカレー。

 

 

キーマカレーって何ぞや?

 

dc8f57526a076770d01cf60bcd8644c1_s

 

こんな感じのカレーですね。

 

ひき肉がいっぱいのカレーだと思って頂ければ。

 

ちなみに『キーマ』とはヒンドゥー語、ウルドゥー語で細切れ肉、ひき肉、を意味しているそうです。

 

画像のようにひたすらひき肉、というものもあれば、スープカレーのようにトマトやナスを入れてみたり、あるいは普通のカレーのようにジャガイモや人参を足してみたり、あるいはヒヨコマメなどの野菜を加えたり、画像のキーマカレーのように葉物野菜を添えたり、グリンピースを足したりもします。

 

でも、どうして普通のカレーではなくて、キーマカレーで実験しようと思ったの? とあなたは疑問に思われたかもしれません。

 

 

1 キーマカレーの食後血糖値

 

 

その理由は、原材料名にあります!

 

 

dscf5610

 

 

あ、ちょっとピンボケしていますが原材料名を列挙していきます。

 

鶏肉、グリーンピース、ソテーオニオン、牛脂豚脂混合油、カレールウ、香辛料、トマトペースト、乾燥キャベツ、ガーリックペースト、みそ、砂糖、ラード、食塩、ビーフ調味料、増粘剤(加工澱粉)、調味料(アミノ酸)、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香料

 

……と、こんな感じなんです。

 

何が言いたいかと言うと、あまり野菜が入ってないんですね。

 

これなら、純粋に、カレールウ及び肉に食後血糖値を下げる効果があるのかどうかが調べられるのでは、と思ったのです。

 

まぁ、砂糖が使われている、という点ではどうかなー、あまり効果らしい効果は無いんじゃないの? と思わないでもなかったんですが。

 

そういう理由で、普通のカレーでは無く、キーマカレーにした訳です。

 

まぁ、普通のカレーも人参とたまねぎがどう作用するか、というのはありますが葉物野菜はあまりないんで、普通にご飯だけ食べた時と変わらないような気もしますし、じゃがいもが入っているから余計に血糖値が上がる気もしますが、その辺りは後日やりましょう。

 

dscf5613

 

まずはご飯を210グラム用意。

 

1.5グラムほど多くなりましたが、その辺りはご愛敬ということで。

 

ちなみにご飯は炊きたてです。

 

炊きたての白米210グラム食後の血糖値 リベンジ編の時と、米に関してはほぼ同じ条件を満たしたことになります。

 

んで、これにキーマカレーを投入っ!

 

dscf5614

 

 

ん、画像だけ見てもあまり美味しくなさそうですが、ハウス食品の名誉のために言っておきますが、普通に美味しく頂きましたm(_ _)m

 

問題は、このキーマカレーを食した後の血糖値はどうなっているのか、です。

 

いつものように、食後30分、食後1時間、食後2時間の血糖値を測定しました。

 

dscf5627

dscf5628

dscf5629

 

何に一番びっくりしたかと言うと、食後1時間と食後2時間で血糖値が変わっていないこと。

 

んー、やっぱり葉物系の野菜が入っていないと食後血糖値の抑制効果は望めないようです。

 

ちなみに、普通にご飯だけ210グラム食べた場合の食後血糖値の推移と比較するとこうなります。

 

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

大して変わりません(汗)

 

普通にご飯だけ食べた方が、食後2時間については下がっている、とまずろーの身体では結果が出ていますし。

 

この人体実験の結果からすると、キーマカレーには(少なくとも肉ばかりのキーマカレーには)食後血糖値の抑制効果はないのではないか、という結論に落ち着きました。

 

ただ、これは吾輩一人しかモルモットがいないので、被験者によっては結果が異なる可能性があることを明記しておきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています