血糖値測定器で血糖値を測定してみた

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
血糖値測定器

今回のブログ情報は、これまでのように、エビデンスのある情報(論文等、効果が科学的にあると考えらられているモノ)をシェアするのではなく、今回自分で体験して、自分で測定したデータを元に、情報をシェアさせて頂きたいと思います。

 

で、今回私が血糖値を測定しようかなぁ、と思ったのは認知症関連で調べていると、糖尿病のアルツハイマー発症リスクは約4.6倍でもあなたとシェアしていますが、やはり糖尿病はおっかないなぁ、と。

 

まずろーももう34歳ですし、ここらで一つ体調管理を徹底しておいた方が良いかな、と。

 

それにここ一月ほど、プチ糖質制限をしているので(毎日ではありませんが)、お腹もへこんできていますし(メタボ解消 半年でウエスト6㎝絞れましたを参照)、思い切って(調子に乗って)血糖値を測定する測定器を購入した次第です。

 

 

で、こちらが購入したニプロのトゥルーピコトライアルセット。

 

血糖値測定器

 

かなり小さい機械で、持ち運びも容易です。

 

血糖値測定器はこの機械だけでは血糖値を測れないので、この画像にもある通り、血液を測定する使い捨てのセンサー(黒い測定器に白い紙きれみないなのが挿入されていますが、これがセンサーです)と、血液を採取するための使い捨ての針がトライアルセットでは一緒に販売されています。

 

私はツルハドラッグでこちらを購入しましたが、4298円でした。

 

血糖値測定器は薬剤師がいるドラックストアでないと測定器が無い上、薬剤師がいても品があるとは限らないので、通販が使えれば便利なのですが、通販上ではこのニプロの血糖値測定器、全部セットになっているトライアルセットが無いようです。

 

一応購入のためのリンクは掲載しておきますが、血糖値を測定するためにはセンサーと、針がセットになっているかを確認した上でご購入願います。

 

【※お取り寄せ】ニプロ TRUEpico ピンク 【11-125】 1台  【ニプロ・NIPRO】【血糖自己測定器】【P25Apr15】

 

 

で、こちらのセットにある使い捨ての針とセンサーを使用して、いざ血糖値を測定!

 

DSCF5166DSCF5173

 

針を刺した感じはチクリとしたかすかな痛みがありますが、ほんの一瞬です。

 

ある部分を押すと、針が飛び出す形で適度な傷をつけてくれます。

 

DSCF5176

 

ちなみに傷は、上の写真を参考にして貰えれば。

 

むしろ、ちょっとした弾みで、針が飛び出してしまうので、針を無駄にしてしまうこともあるのでご注意を(まずろーはすでに五回測定するために、三度も失敗してしまいましたort)

血糖値 測定

 

まず、前提として空腹時の血糖値の標準値は100㎎/dL未満とされています。

 

正常だけど、ちょっと数値が高いよ、という正常値高値は100~109㎎/dL。

 

110㎎/dL~125㎎/dLだと、境界型と呼ばれる糖尿病予備群に分類されます。

 

126㎎/dL以上であれば、糖尿病と判定される訳です。

 

簡易の血糖値測定器なので、ものすごく正確という訳ではありませんが、とりあえず88㎎/dLなので空腹時血糖値はセーフということになります。

 

さて、『空腹時』があるということは、『空腹ではない時』もあります。

 

これを測定するために75g経口糖負荷試験(75gOGTT)というものがあります。

 

内容は、検査をする前夜9時から絶食し、ブドウ糖75gを溶かした水を飲む、というもの。

 

この試験後に、30分、1時間、2時間後に採血し血糖を測定して、その結果、正常であるか、糖尿病であるか、あるいは糖尿病予備群(境界型)なのかを判定します。

 

数値の範囲ですが、ブドウ糖75g摂取2時間で200㎎/dL以上の数値に一度でもなればアウトの模様。

 

140㎎/dL~199㎎/dLの間で糖尿病予備群、140㎎/dL未満で正常値とされています。

 

とりあえず、200を一度も越えることなく、2時間後に140未満であればOK、という風に解釈しています。

 

まずろーは前夜の10時から、本日16時まで水以外は何も口にしていないので大丈夫かと思われます。

 

で、問題はブドウ糖75gを溶かした水、ですが調べてみるとトレーランG75という、ブドウ糖75gを溶かした、検査用のサイダーがあるそうなのですが、通販での取り寄せが出来るのか出来ないのか判然としなかったので、食べ物で糖質を75g以上摂取することにしました。

 

DSCF5168

 

ジャンクフードの王様、マクドナルドにお手伝い頂きましたm(_ _)m

 

大柳珠美氏観衆の『糖質制限食に役立つ 糖質制限ハンドブック』によれば、ハンバーガーに糖質30.9g、ビックマックに糖質43.0g、サイドサラダに糖質1.4gあるので、合計で75.3gの糖質を摂取することになります。

 

これに、サラダについているドレッシングを含めれば、玉ねぎ主体のドレッシングなので、もうちょい糖質が追加されることになります。

 

糖質量的にはこれでOKのはずなので、

 

DSCF5169

 

ごちそう様でしたm(_ _)m

 

で、30分後、1時間後、2時間後、一応ということで3時間後も測定してみました。

 

DSCF5170DSCF5171DSCF5172

 

左から30分後、一時間後、二時間後になります。

 

んで、おまけの三時間後。

 

DSCF5174

 

通常は食後2時間~3時間で通常の血糖値に戻るとあるので、3時間で92㎎/dLになったということは、ほぼ正常と考えて良いかと思います。

 

あ~、よかったー(´∇`)

 

とはいっても、絶対安心、とは言えないんですけどね……

 

え? ちゃんと検査したんじゃないの? とあなたは思うでしょう?

 

まずろーもそう思ってたんですよ……

 

でも調べてみると、これで大丈夫とは言えないかもしれない情報を探りあてたので、理由については次回、あなたとシェアさせて頂こうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています