カルボナーラ270グラムの食後血糖値

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
カルボナーラ 食後血糖値

おはようございます、昼夜が逆転しかけているまずろーですm(_ _)m

 

部屋の掃除がまだすんでいなくて、一気にやりはじめて、18時ごろに眠気が襲ってきました。

 

 

で、まだ片付けがすんでいないので、布団がそこにゴロン、と敷いてあったんですね。

 

 

 

もう大体予想がつくと思いますが、ちょっと横になろう、と思ったら気付けば22時。

 

勿論その後は眠れる訳もなく、寝たのは今日の朝の8時、そして起床が12時半。

 

今日こそは、きっちり夜の24時までには寝たいと思います。

 

さて、今日はまずろー18番の血糖値人体実験の情報をシェアしたいと思います。

 

DSCF5799

 

お題はカルボナーラ。

 

 

1 カルボナーラ270グラムの食後血糖値

 

今回のお題の情報をシェアする前に、

 

ミートソース330グラム食後の血糖値

 

一応、こちらの情報も参照して貰えれば。

 

こちらのミートソースはローソンから購入したもので実験しましたので、量が今回実験したものより多いのですが、食後血糖値の結果は、食後30分で115mg/dl、食後1時間で125mg/dl、食後2時間で106mg/dlとなっています。

 

無題

 

麺類で考えていくと、量の違いがあるので単純な比較はできませんが、ソバが最も血糖値が上がりにくく、パスタ系が上がりやすい、うどんはその中間という結果が出ています。

 

特にミートソースとうどんは量的にもほぼ一緒なので、ミートソースとうどんを比べたなら、食後血糖値的にはうどんの方が優しい、という結果になりました。

 

んでもって、今回行ったのは冷凍食品の、ママ―の濃厚カルボナーラ。

 

原材料名は、

 

めん(スパゲッティ、【デュラム小麦のセモリナ】、植物性脂肪食品、ショルダーベーコン、ブロッコリー、チーズ、食塩、植物油脂、ショートニング、生クリーム、卵黄、砂糖、ポークエキス、チキンブイヨン、香辛料、乳等を主要原料とする食品、ベーコン風調味料/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カゼインNa、香料、リン酸塩(Na)、カロチン色素、pH調整剤、増粘多糖類、発色剤(亜硝酸Na)、(一部に小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉、りんごを含む)

 

DSCF5803

 

となっております。

 

カロリーは1人前あたり、412キロカロリーとなっていますが、1人前あたり(260グラム)あたりと書かれているので、ちょっぴり多いことになります。

 

たんぱく質が12.5グラムで、脂質は16.7グラム、炭水化物はやはり多めで53.0グラム、食塩相当量が2.4グラムとなっています。

 

肝心のカルボナーラですが、食前の血糖値は78㎎/dl。

 

食後血糖値の結果は、食後30分で104mg/dl、食後1時間で110mg/dl、食後2時間で86mg/dlとなりました。

 

当然のことながら、ミートソースよりは量が少ないので、当然と言えば当然の結果。

 

ただ、ローソンのミートソースの記事をシェアして頂いた方にはわかりますが、330グラム中、ミートソースは30グラム以上は確実にあることが軽量で判明しています。

 

パスタに絡まったミートソースを丁寧に落としていけば、あと20グラムくらい減ったのでは、と思うと、カルボナーラの方が血糖値が上昇しにくいのかもしれません。

 

もっとも、この人体実験はまずろーがやったらこうなったよ、というモノです。

 

あくまで、参考に、という情報ですので悪しからず。

 

近いうちに、今度はママ―のミートソースでやってみたらどうなるかやってみたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています