ローソンのブランのチーズ蒸しケーキの食後血糖値

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
DSCF5761

おはようございます、本日の体調は如何でしょうかまずろーですm(_ _)m

 

今日貴方とシェアする情報は、まずろーの18番である血糖値人体実験シリーズになります。

 

 

実験材料は、ローソンで販売されているブランのチーズ蒸しケーキ。

 

DSCF5761

 

こいつですね。

 

 

1 ローソンのブランのチーズ蒸しケーキの食後血糖値

 

一個あたりの糖質が9.7グラムなので、二個で19.4グラム、カロリーは一個で99kcalになるので、二個で198キロカロリーとなります。

 

味の方は……これまでローソンのブランシリーズは、ローソンのブランのパンケーキ食後の血糖値ローソンのローカーボンのパウンドケーキ食後の血糖値ローソンのブランのドーナツ一個食後の血糖値と、パンケーキ、パウンドケーキ、ドーナツと食べてきていますが、甘味がパウンドケーキと双璧かなと思うくらいには、そこそこ強めかもしれません。

 

ただ、吾輩は普段はあまり甘いモノを食べないようにしているので、甘味を強く感じる、というのは有り得るのでその辺りはご注意を。

 

……甘いモノ、大好きなんですけどね(T皿T)

 

味は、そのまま『チーズの蒸しケーキだなぁ』という感じで、まずくはありませんので、血糖値が気になるという方は試してみても良いかと。

 

DSCF5762

 

そんなブランのチーズ蒸しケーキですが、原材料名は、

 

全卵、砂糖、乳化油脂(異性化液糖、植物油脂)、エリスリトール、ショートニング、難消化性デキストリン、ナチュラルチーズ、植物性たん白、小麦粉、大豆粉、卵白粉、小麦ふすま、食塩、加工デンプン、ソルビット、乳化剤、膨張剤、グリシン、酢酸Na、香料、甘味料(ステビア)、グリセリンエステル(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む)

 

となっております。

 

こうしてみると、意外と小麦粉使ってんのかな、と思います。

 

大豆粉や小麦のふすまよりも、小麦粉の方が量を多く使っているようですし。

 

そして、意外と砂糖を使っている模様(全卵の次に『砂糖』ときていますからね』)

 

4番目にエリスリトールなんで、うーん、この辺どうなんでしょう? 味と糖質のバランスなんでしょうが。

 

さて、肝心のローソンのブランのチーズ蒸しケーキの食後血糖値なんですが、食後30分で91㎎/dl、食後1時間で106㎎/dl、食後2時間で72㎎/dlまで下がりました。

 

さて、この結果を見ると、食後1時間で106まで上がった後に、食後2時間で72に下がったのが気になると言えば気になります。

 

これまで試したブランシリーズの中で、一番大きく血糖値が上がり、そして下がった、ということになりますが……まぁ、普通に大丈夫な範囲と言えますが、少々気になると言えば気になる。

 

一応、こういうデータが出ましたので、参考にする場合は、これはまずろー個人が行った実験であり、他に被験者はいないのでその旨注意して下さい。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています