朝バナナダイエットって効果あるの? バナナ120グラム食後の血糖値

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
バナナ 血糖値

今日はまずろー得意の、血糖値における人体実験シリーズをお送りしたいと思いますm(_ _)m

 

題材はズバリ、バナナ!

 

 

でもなんでバナナ? とあなたは首を傾げているかもしれません。。

 

これまでパイナップルを140グラム食べてどのくらい血糖値があがるかや、梨1個(270g)で血糖値はどのくらい上がるか桃を150グラム食べてどれくらい血糖値が上がるかの人体実験の結果、果物の甘さ(主成分は果糖と思われますが)は血糖値を大幅には上昇させないのではないか、そのため、果物は量さえ気をつければ、まずろーのような糖尿病予備軍の人なら食べてもOK、という推論をあなたとシェアしています(もちろん、個人差はあるので一概にひとくくりは出来ませんが)。

 

果実でバカみたいに血糖値が上がったものと言えば、木の実である栗くらいでしょうか。

 

甘栗150グラム食後の血糖値

 

栗は澱粉が豊富なので、この結果はやる前から想像はしていましたけど、久々に血糖値が140mg/dlを超えてスパイクしましたからね。

 

で、話をバナナに戻しましょう。

 

なぜ、バナナを食した後の血糖値をはかろうと思ったのか。

 

 

1 朝バナナダイエットって効果あるの?

 

 

そう、この小見出しの通り、朝バナナダイエットって効果あるの? とい疑問からです。

 

おいおい、朝バナナダイエットと、血糖値って何か関係あるのかよ? と突っ込みが入りそうですが、まずろーとしては関係があるかもしれない、と思えたのでチョイスしました。

 

理由は、まずろがーウエストを減らすためにやっていたダイエット方法によります。

 

一年でウエスト10㎝減らした食後血糖値を抑える食べ方

 

まずろーが境界型の糖尿病予備軍の疑い有り(ブドウ糖負荷試験はしていないので確定ではない)、というデータがあることは、これまで情報をシェアしていただいたあなたならご存知のはず。

 

そのために、食後血糖値を抑えようと、色々試していたのですが……すると、するするウエストが落ちていったのです。

 

今でもウエストは73㎝から74㎝の間をいったりきたり。

 

びっくりドンキーいって実験するために腹を満腹にした時でもウエストは75㎝程でしたね。

 

詳しくは2000キロカロリー外食しても食後血糖値を抑える2つの方法を参照下さいm(_ _)m

 

つまり、まずろーの考えとしては、血糖値をあまり上げないような食べ方をしていれば、ダイエットに効果あるんじゃないの? と考えておる訳です。

 

さて、ここで朝バナナダイエットに話を戻します。

 

朝バナナダイエットの実践方法は、

 

① まず朝食にバナナをよく噛んで食べる。もちろんバナナは生で(焼いたりゆでたりして食う方はそんなにいないと思いますが)
② 合間に水をこまめに飲む

 

これだけです。

 

手軽なのでダイエット方法として受け入れられたと思うのですが、これって血糖値上がりそうじゃね? と思ったのです。

 

バナナも果物なんだから、さつまいもや米のように単品食いしてもそんなに血糖値上がらないんじゃない、とあなたは思うかもしれませんが……

 

昔から『バナナは消化によい』『スポーツ等の試合前・後にはバナナ』などなど、バナナは『身体のエネルギーになる効率が良い食べ物』として知られています。

 

で、エネルギーになる効率が良いってことは、血糖値が上がるんじゃね? と思った訳です。

 

血糖値が上がれば、血液はドロドロの状態、もちろんインシュリンが分泌されることで、糖を血液から除くように全身の細胞が戦いはじめる訳です。

 

こうなると、摂取された糖分やら炭水化物を優先して消費しようとしますし、それどころか消費できなかったエネルギーをへそくりして、脂肪に変換してしまいます。

 

そういうことを考えると、朝バナナダイエットって、血糖値が上がったりしたら効果ないんじゃないのか? と思いたち、人体実験することで情報をシェアしようと思った訳です。

2 バナナ120グラム食後の血糖値

 

さて、今日も時間がなくなってきました(汗) 手短にいきましょう。

 

まず、バナナを200グラム用意。

 

バナナ 血糖値

 

で、バナナの皮が約80グラムでしたので、200-80=120グラムとなります。

 

で、この120グラムを食べたあとの血糖値なんですが……

 

すまぬ……デジカメの電池が死におった(T‐T)

 

充電してやりゃサボタージュから復帰するんでしょうが、写真の掲載は今回は勘弁して下さいm(_ _)m

 

記録だけはメモにとってありますんで。

 

バナナ120グラム食べた後の食後血糖値は、30分後が113mg/dl、1時間後が106mg/dl、2時間後が108mg/dlとなりました。

 

アレ? って思いません、この数値。

 

そう、まずろーが言っていたように『バナナは身体のエネルギーになる効率が良い食べ物』です。

 

血糖値がずっと100以上、というのは、他の果物では見られなかった現象です。

 

これ、ダイエット方法としては本当に効果があるのか? と疑問に思えるような、と言うかまずろーの懸念通りの結果が出てしまいました。

 

あなたとシェアする情報としては、

 

・バナナは食後血糖値が高くなりやすい(少なくとも、まずろーの人体実験の結果では、桃やパイナップル、梨よりも食後2時間の血糖値が高い)

 

・血糖値が高い状態が続く、ということはダイエットの食材には向いていない可能性がある

 

以上、2点をシェアさせて頂きます。

 

それでもバナナを食べたいんやぁ! という血糖値が気になる方は、レタス巻いて食べてみては如何? いや、冗談でも何でもなく、レタスはめっちゃ食後血糖値を抑えてくれます。

 

もしくはモロヘイヤとか、とにかく葉っぱモノ野菜系であれば食後血糖値を抑えてくれる可能性が高いです。

 

詳しくは、レタスは食後血糖値の上昇を抑える てりやきバーガーで実験モロヘイヤは食後血糖値の上昇を抑えるの記事を参照して下さい。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています