有酸素運動と無酸素運動の違い

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
有酸素運動 無酸素運動

おはよーございます、夜勤明けで眠いまずろーですm(_ _)m

 

今日、あなたとシェアするのは、有酸素運動と無酸素運動の違いについてです。

 

 

有酸素運動は筋トレ後に行うたった一つの理由の記事をあなたとシェアしていて、吾輩、実はふと疑問に思ったことがあります。

 

それは、

 

『そもそも、有酸素運動と無酸素運動の違いって何?』

 

という、お前わかっててシェアしてんじゃねえのかよ、と突っ込まれそうな情報。

 

 

1 有酸素運動と無酸素運動の違い

 

 

いや、大雑把にはわかっています。

 

短距離を全力疾走する=無酸素運動、長距離をジョギング程度の速度で走るのは有酸素運動、と。

 

f2698a67594ee1f918584f468b122436_s

 

それはわかっているんですがどの程度を目安に有酸素運動、無酸素運動と分けることが出来るのかな、と。

 

理論的には、運動の強度が増加していって、ある一定の強度を超えると、酸素を用いたエネルギーの生成が追い付かなくなります。

 

で、この時点から無酸素下でエネルギーを生み出す状態が加わるのですが、ここが有酸素運動と無酸素運動の転換地点で、一分間の脈拍で、一般的な中高年であれば110~120を超えると、大体の方は無酸素運動が始まる模様です。

 

 

2 有酸素運動では脂肪と糖質、無酸素運動では糖質のみ消費

 

有酸素運動を行っている時のエネルギー源は、脂肪と糖質。

 

ダイエットに有酸素運動、有酸素運動と言われる理由がこれですね。

 

じゃあ無酸素運動はどうなのと言うと、全部糖質になんです。脂肪が全然使われません。

 

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

 

おい、じゃあどうして筋トレをして一年でウエスト10㎝減らした食後血糖値を抑える食べ方でシェアしたような痩せ方が出来るんだ、とあなたは叫んでいるかもしれませんが……

 

基本的には、血糖値を抑える食べ方で、エネルギーになるはずの糖質の吸収を抑え、あとは糖質の消費量が多くなるよう、筋トレを意識的に行ったのです。

 

ただ運動すれば良い、という訳では無く、吾輩は、まず筋トレをしっかり行うことで筋肉量を増加させ、基礎代謝の量を上げることを考えた訳です。

 

基礎代謝の量が上がれば、黙っていても消費カロリーが増加する訳ですから、自然と体重が減っていきます。

 

もし、あなたが痩せにくい体質の方なのであれば、有酸素運動は筋トレ後に行うたった一つの理由でシェアしたように、筋トレ後に有酸素運動を行うべきでしょう。

 

なぜなら、無酸素運動は糖質しか消費しませんが、有酸素運動は50対50の割合で、糖質と脂肪を消費するからです。

 

あとは、一日に消費されるカロリーが、摂取するカロリーより多くなるような食事メニューにすれば、ちゃんと体重は減っていきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています