一族経営の会社にブラック企業は多いのか

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
一族経営 ブラック企業

おはようございます、今日は休日なのでのんびりしたいと考えているまずろーですm(_ _)m

 

今日も暑そうなので、何とか日中を穏やかに、かつ涼しく過ごしたいと思います。

 

 

さて、今回のシェアする情報は一族経営の会社ってブラック企業が多いのか否か、ということ。

 

 

1 一族経営の会社にブラック企業は多いのか

 

 

いや、これまで吾輩、一族経営の会社には一社しか籍を置いた事はありませんが、かなりブラックかついい加減でした。

 

5bdc027744c645061821e4319c202ffc_s

 

 

残業時間の上限 残業って何時間までOKなの?

 

ブラック企業の見分け方

 

実体験に基づいたブラック企業の三つの特徴

 

これ、過去のブログで書いていた当時の吾輩の状況も綴っているのですが、まぁ中々に酷い。

 

地方で一族経営の会社ってこんなモノなのかな? とかなり首を捻ったんで、そのまま首を切られてしまったくらいです……はい、もちろんジョークですよ(笑)

 

以下、吾輩が過去に書いたブログの記事になります。

 

少しでも参考に、というか当時の一族経営の会社の空気を感じ取って貰えれば幸いです。

 

まぁ、空気を感じ取る、と言うのであれば、先程リンクを貼った三記事の無茶振り具合を見て頂いた方が良いかもしれませんが(汗)

 

 

 

 

今、派遣で勤めている会社は一族経営のである、というのは以前に書いたと思います。

 

まぁ全部の一族経営の会社が悪いとは思いません。

 

メリットだってたくさんあるでしょう。

 

例えば、一族で経営しているから気心が知れて、意思疎通がしっかりしている、とか、何か問題が発生した際に、トップダウンだから改善が行いやすい、とか。

 

が、メリットがあればデメリットがあるのが常。

 

経営権を一手に担っているので、強権的になることもあるでしょうし、残業代を払わないとかの問題を抱えているところもあるでしょう。

 

b252ed5f11bc314e594e18f3545cf73a_s

 

そういったところに入社した場合、どうすればいいのかなぁと今考えているところですort

 

個人的には、残業、あまり好きではありません。

 

ここ最近残業続きなので、特にそう思ってしまいます。

 

一昔前の風潮ですと、残業していないと仕事していない、と見られる事があったようです。

 

実際、前の会社では残業嫌いな奴、と呼ばれていました。

 

もちろん、必要があれば残業しましたし、残業していけと上司から指示があればやりましたし、人員が足りない、棚卸をする、という場合はちゃんと残業していましたけどね。

 

ただ、効率的にパッパッとやれば定時で帰れる仕事をダラダラやって何が楽しいのか、私には理解出来なかったんです。

 

そりゃ、残業代は出るでしょうけど、その分の時間で出来る事を考えたら私にはデメリットにしか思えない。

 

自己啓発の勉強なり、趣味に没頭した方が良いのでは、と思います。

 

 

とまぁ、結構ストレスためこんでいるのか、頭の中が疑問符で満たされている状態になっていますね、当時の吾輩。

 

今でも、パッパッとやって帰れるなら、しっかり効率的に仕事しよう、と思うタイプの人間なんで、吾輩(ただし、そうしようと思っても、常に効率的に動けるかどうかは別問題である)

 

地方の中小企業で一族経営の会社って、一族で社長、専務、常務を全部固めている、というのも珍しくはないので、そうなってくると実に横暴な人も中には出てきます。

 

この横暴さも、先程リンク貼った3記事読んで頂ければわかると思いますが……お客さんの注文で急ぎなのに、書類の書式変えたから再提出、という信じられないことがまかり通りますからね(実話)

 

実感としては、一族経営の中小企業は避けた方が良い、というのが吾輩の経験談です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています