ひじきの危険性と有機ヒ素、無機ヒ素について

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ひじき 危険性 有機ヒ素 無機ヒ素

今回あなたとシェアしたいと思った情報はひじきについて。

 

ひじきについては、以前もこのブログで取り上げた覚えがあります。

 

 

ステンレス製釜で作るとひじきの鉄分が1/9に

 

この記事ですね。

 

ひじきに含まれていたと思われる豊富な鉄分が、スレンレス製の釜でゆでると、途端に少なくなる、というひじきを食している日本人からすれば無視できない情報でした。

 

でも、今回の情報の重要性は、2016年にあなたとシェアしたこの情報の比じゃないくらい、ちょっとヤバいんです。

 

 

1 ひじきって危険な食べ物なの?

 

 

それは2004年のこと。

 

イギリスの食品規格庁(FSA)が、ひじきに含まれる無機ヒ素が、吾輩やあなたの身体に悪影響を及ぼす、と警告を出しています。

 

33-1

 

さらに2016年には損失余命の食べ物に分類されました。

 

『損失余命』という概念は何ぞや、と吾輩は最初に見た時思ったのですが、これはその食品を食べることで寿命が縮む、と考えられる食べ物のことです

 

そのため、「あえて食べないよう勧告する」と2004年のイギリスの食品規格庁は警告した訳です。

 

さらに、イギリスだけかと思ったらカナダにオーストラリア、さらには香港でも同様の措置がされいます。

 

 

2 有機ヒ素と無機ヒ素の違い

 

ここで吾輩、もう一つ疑問が出てきました。

 

それは無機ヒ素、という単語があるなら、おそらくは有機ヒ素もあるだろう、という推測のもと、ではこの二つにどのような違いがあるのだろうか、という疑問でした。

 

有機ヒ素については、吾輩が考えているようなリスクはあまりない模様。

 

こんぶやわかめ、のりといった、日本人がこよなく愛する海藻類は、あなたや吾輩の身体に大きな悪影響は与えないそうです。

 

a0002_001137

 

その理由が、含まれているヒ素が、有機ヒ素であるからだそうです。

 

もちろん、過剰に摂取すれば、危険性もまた変わってくるでしょうが……

 

一方の無機ヒ素については、上記で記した国や地域が危険性を警告したことからわかるように、長期的に大量摂取してしまうと、結構なリスクが存在します。

 

日本の内閣府食品安全委員会の報告では、がん、皮膚病変、発達神経への影響、心血管疾患といった、中には命にかかわる危険性を抱え込んでしまう可能性もあるそうです。

 

厚生労働省では、調査が不十分で評価できないものの、一般的に毒性があるといわれているので、大量に摂取するの望ましくない、としています。

 

ひじきを食べる量についてはまだ何とも言えない、とのこと。

 

……ガッデム(T‐T)

 

吾輩、学生時代に学食でしょっちゅうひじきを食べていたのですが……もっと早く知りたかったです、この情報ort

 

a0001_010857

 

ちなみにイギリスが警告を出したのが2004年なのですが、2017年になってもまだ適正な摂取量もわからない、というのは、厚生労働省さん、ちょいとマズイのでは?

 

なので、何か基準のようなものはないか、吾輩、探してみました。

 

そしたら、世界保健機関では、一週間に摂取しても健康に悪影響がない、無機ヒ素の量を暫定値として示していた時が過去にあったのです。

 

まぁ、あくまで『暫定』で、今では違うので鵜呑みにはできないのですが……この値から逆算すると、あなたが、体重50kgだと仮定した場合、1日当たり4.7gの乾燥ひじきを毎日食べてもOK、ということになります。

 

まぁ、給食とか、居酒屋で出てくるような、ちょっとした量であれば問題ない、ということです。

 

……学生時代に一週間3,4回ひじきを食していた吾輩としては、ちょっとだけ安心できました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています