ステンレス製釜で作るとひじきの鉄分が1/9に

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ひじき 鉄分

12月31日の朝刊に、ちょいと気になる情報があったのでシェアしたいと思います。

 

それは、ひじきの栄養について。

 

健康的で栄養満点な海藻の中でも、バランスの良いひじきなんですが、その栄養の内訳をあなたはご存知でしょうか。

 

 

1 ひじきの鉄分は1/9

 

100グラム中、カルシウムが1400㎎、カリウムが4400㎎、マグネシウムが620㎎、リンが100㎎、鉄分が55㎎、β―カロテンが3300μg、食物繊維が43.3g、という感じなんですが……

 

実はこの栄養素の中で、ある品が、ステンレス製の釜で製造した干しひじきは、鉄分が1/9になる、と文部科学省が発表したのです。

 

詳しくは日本食品標準成分表の改訂版で公表されているので、チェックしてみると良いでしょう。

 

ひじきは鉄分の王様という別名があるくらい鉄分が豊富な海藻なんですが、蒸し煮にした後に乾燥させた干しひじきは、釜がステンレスタイプのものが大半なのです。

 

2 鉄分が豊富なひじきを選ぶには

 

このため、鉄の釜で干しひじきを作っていた一昔前と比べると、鉄分の含有量が低下しており、日本食品標準成分表の改訂版では釜の材質別で掲載されています。

 

では、具体的にどう鉄分が豊富なひじきを選べば良いのか、というとどの釜で干しひじきを作ったか、明示している干しひじきを選ぶしかありません。

 

あとは、これから徐々に鉄分の含有量の表示が変わってくると思うので、今すぐには変更されないので無理ですが、近い将来には成分表示をしっかり見ることも対策の一つとしてあげられるでしょう。

 

 

3 日本食品標準成分表の改訂内容

 

ほかにも日本食品標準成分表の改訂版では炭水化物の表示も変わっています。

 

これまでは全体の重さから水分やタンパク質、脂質などを差っ引いた残りを炭水化物としていましたが、これからが炭水化物を構成する糖類やでんぷんが内訳として記されています。

 

こういった内訳がわかれば、メタボ対策がよりしっかりと出来るので、私としては非常に嬉しい限りです。

 

ただ、ひじきの鉄分が1/9だというのは少々ショッキングですね……何か他の食べ物で鉄分摂らないといけませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています