ドライアイ12の症状とおススメの目薬タイプ

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
ドライアイ 症状

以前、ドライアイ予防に3分で出来るストレッチという内容でドライアイについてシェアさせていただきましたが、そもそも厳密にどういう状態をドライアイと言うのか気になったのでちょいと調べてみました。

 

そもそもドライアイという言葉は、1995年に診断の基準と定義がドライアイ研究会によって定められました。

 

その後、改訂が行われ、現在は以下のように定められています。

 

 

『ドライアイとは様々な要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う』

 

ちなみに、角結膜上皮の慢性疾患とは、目の表面が傷ついてことを指します。

 

ドライアイは、原因は多数ありますが、涙が減少したことで角膜と結膜が乾燥することで目の表面が傷ついてしまい、以下にまとめた自覚症状が出てきます。

 

・目が疲れやすい

・目やにが出る

・涙が出る

・ものが霞んで見える

・目にかゆみを感じる

・光を見ると眩しく感じる

・目が充血する

・目が疲れやすい

・目に不快感や痛みを感じる

・目が重く感じられる

・目がゴロゴロした感じがする

・目が乾いたように感じられる

 

まぁ、目が疲れやすい、ゴロゴロする、というのは納得できるんですが、『涙が出る』という項目と『目が乾いたように感じられる』という項目は矛盾していないでしょうか?

 

しかし、この『涙がでる』のもドライアイの症状の一つになります。

 

順を追って説明すると、角膜は表面に涙が足りなくなると、マズイマズイとあなたの脳が信号を出して、『はよ涙出せぇ!』と脳に指令を送ってたくさんの涙を出します。

 

いえ、こんなふうに指令を出しているかはわかりませんがヾ(・・;)

 

ちょっと話は変わりますが、『風にあたると涙が出る』ケースはドライアイの可能性が濃厚です。

 

これは、ドライアイになり、目の表面に傷がついてしまったことで、風などのささいな刺激でも、あなたの脳に『はよ涙出せぇ!』と反射的に指令を出しているためです。

 

……二度目ですが、こんなふうに指令を出しているかはわかりませんがヾ(・・;)

 

ドライアイにもいくつか種類がありますが、クリアランス(目の表面を涙で洗い流す力)の能力が悪化しているドライアイだと、目薬に使用されている防腐剤でも、あなたの目に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

何が悪いのかいうと、以下のような流れになってしまうためです。

 

目薬をさす

目薬の防腐剤が角膜表面に残る

涙が出てこないために角膜表面に残り続けてしまう

そのため、ドライアイで目薬を使用したいという方は、防腐剤不使用の、人工涙液タイプの目薬がおすすめです。

 

さて、話を戻しましょう。

 

角膜表面に涙が足りなくなる、というところからでしたね。

 

とりあえず、角膜表面に涙が足りなくなって応急処置的に出された涙は、角膜の表面にとどまらないで、そのまま流れてしまうので意味が無いのです。

 

そもそも、どうしてこんな風に涙が角膜の表面から足りなくなってしまうのでしょうか?

 

ドライアイになる理由としては、当然のことながら角膜の表面の涙が足りなくなるからなんですが、涙が足りなくなる理由は二つです。

 

涙の分泌量が減る、あるいは涙の蒸発量が増えるかです。

 

次回は、この涙の分泌量が減る原理と、涙の蒸発量が増えてしまう理由をあなたとシェアしたいと思います。

 

 

追伸

 

PM2.5が日本に上陸していますが、目に違和感を覚えることもあるかもしれません。

 

万一、何かおかしいなと思ったら眼科で目を診察して貰いましょう。

 

PM2.5の症状としては、喉の違和感や止まらない咳、気管支炎などがありますが、これら以外にも目のかゆみが上げられます。

 

十分注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています