男性と女性の便秘に見られる3つの対策

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
便秘対策

便秘は男性より、女性に多い悩みですが便秘に悩んでいる男性がいない訳ではありません。

 

おはようこんにちはこんばんは、まずろーですm(_ _)m

 

今日のお題は便秘なんですが、そもそも女性と男性では、便秘の症状と原因が異なります。

 

つまり、便秘対策にも男女で違いが出てきます。

 

男女共に共通で食べるべき食物は先程あなたとシェアしましたが、ここから先は男女で違いが出る事柄を分けてあなたとシェアしていきます。

 

 

1 男性に多い便秘の症状

 

まず、男性に多いのは痙攣性便秘という症状です。

 

この痙攣性便秘は、便秘と下痢を繰り返すような症状です。

 

私も便秘と下痢を繰り返すタイプでした。食生活を改善したことで、下痢の回数が劇的に減り、便秘もそれに伴いなくなりました。

 

最近話題になっている過敏性腸症候群と言った方がわかるかもしれません。

 

大きなくくりでは、痙攣性便秘はこの過敏性腸症候群の一種と考えても良いでしょう。

 

具体的な症状としては、自律神経の乱れで腸の蠕動運動が沈静化したり活性化したりと不安定になり、便秘や下痢を繰り返します。

 

しかし市販の便秘薬の多くは、単純に腸の活動を活性化させ、排便を促すべく作られています。

 

そのため、便秘を解消しようと便秘薬を飲むと、沈静化と活性化を繰り返す痙攣性便秘の症状を助長し、さらに悪化させてしまうのです。

 

つまり市販の便秘薬を飲んでも、男性型の便秘は解消されない可能性が高いのです。

 

2 男性の便秘対策

 

では、具体的にどのような便秘対策をとれば良いのか。

 

男性の場合は、女性と比べると便秘症状を改善するのは比較的簡単です。

 

痙攣性便秘は腸の運動が不安定になったため起こる便秘なので、腸内の環境を正常化すれば、それだけで便秘の症状は格段に良くなります。

 

きちんと6時間以上睡眠をとり、適度にストレス発散をしましょう。

 

あとは腸が動く朝にきちんと起床し、便秘改善のための三つのポイントであなたとシェアした食事をすれば腸内の環境は改善され、便秘は解消されるでしょう。

 

3 女性の場合の便秘対策

 

女性の便秘は、男性と比べると2.4倍も多いと厚生労働省の調査で明らかになっています。

 

そもそも男性と比べて女性の方が便秘になりやすいのには、いくつか理由があります。

 

女性は男性より筋力が低いです。

 

他のページでも紹介していますが、筋力、特に腹筋は腸の蠕動運動をサポートするので、腹圧(腹筋力)の弱さは、排便時のいきみの弱さにつながります。

 

そのため、女性は便秘になりやすいというわけです。

 

他にも女性が便秘になりやすい要因はあります。

 

まず、月経の時期には、プロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。

 

このホルモンは、簡単に言うと体に水分を溜め込む性質があります。

 

そのため、大腸の腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなってしまうのです。

 

また、このホルモンは腸を動かす筋肉にも影響を及ぼすと、ぜん動運動が抑えられてしまい、ますます便秘になってしまいます。

 

さらに、女性はダイエットを行うことや、男性と比べて便意を我慢してしまうことなどが理由としてあげられます。

 

女性の場合は男性と違い、便秘の原因が『筋力が足りない』ことであるケースがあるのは、先程あなたとシェアした通りです。

 

このケース下であれば、腹筋を鍛えるのが効果的。

 

ジムでやるような厳しいトレーニングは必要ありません。

 

まずは、お腹のマッサージ。

 

手のひらを腹部に当てて、時計回りに「の」の字を書くマッサージをしましょう。

 

こうすることで腸の動きを活発にし、腹筋をほぐしてリラックスさせる効果があります。

 

また、腹式呼吸は腹筋を使って呼吸するので便秘に効果的です。

 

月経の時期がきて、プロゲステロンが分泌されて便秘になる場合は、水分が足りなくなることで便が硬くなります。

 

そのため、食物繊維が豊富な食物や水分を多めに摂ることで解消できます。

 

水分を多めに摂ることで、腸のぜんどう運動も期待できます。

 

加えて、適度な運動をすることでも便秘解消の効果が得られるでしょう。

 

手軽にできる、便秘解消のための適度な運動は、先程あなたとシェアした腹筋やお腹のマッサージの他にはブリッジがあります。

 

息を吐いて腰を上げ、この状態で10回ほど腹式呼吸をしましょう。

 

そして息を吸いながらゆっくりと腰を下ろすのです。

 

こうすることで、腸が刺激されて、排便が促されます。

 

4 便秘における注意点

 

しかし、便秘について、注意点があります。

 

それは、女性の便秘は、病気の症状として現れる可能性があるからです。

 

例えば、女性特有の病気である子宮内膜症や子宮筋腫に加えて、40歳以上であれば大腸がんの可能性も有り得るのです。

 

何か様子がおかしいと感じたら、その時は医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

シェアした情報をまとめますと、

 

・ 男性の場合は痙攣性便であるケースが多く、しっかり6時間以上睡眠をとり、腸内環境に良い食事を心がける。

 

・ 女性の場合は筋力が足りないケースの便秘があるので、腹筋を鍛える。

 

・ また、月経の時期に便秘になる場合は、水分の摂取、食物繊維が豊富な食物を多めに摂る。

 

以上になりますm(_ _)m

 

以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています