便秘改善のための三つのポイント

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
便秘改善

食後の血糖値の上昇具合から判断して、境界型の糖尿病予備軍の可能性がある私ですが(炊きたてのご飯を食べて血糖値測定)、そうである以上、血液を健康な状態で保つのは必須であろうと、色々と調べはじめています。

 

今回は、血液を健康なサラサラ状態に保つ上で、気をつけたいことについてあなたとシェアしたいと思います。

 

それで、血液を健康に保つうえで何に気を付けるべきかと言うと、それは、便秘です。

 

 

1 便秘は血液を汚す

 

 

便秘は血液を汚す原因になるので何としても避けたい生理現象です。

 

なぜなら、腸に滞留した便は腐敗・発酵しで、ガスを発生させますが、そのガスには有害な物質も含まれています。

 

この有害な物質が腸から再吸収されることで血液に入り、全身にまわってしまうので、便秘は何としても避けたいのです。

 

幸いなことに、日本は他国と比べて裕福ですので、食事はきっちりとれます。

 

ですがこれが災いして、私達は食べ過ぎの傾向があるのです。

 

食の欧米化が進み、子どもに肥満児の割合が増えていることはその証拠の一つと言えるでしょう。

 

また、身体を動かす機会が減っていることも関係して、腸内に便がたまりやすい環境が作られているのです。

 

もし、あなたが成人で、太り気味であることを気にしていられるのであれば、一日二食にすることをお勧めいたします。

 

さらに、食事の際は腹八分目にすることで、食べ過ぎと便秘を改善できます。

 

ですが、あなたがそもそも少食である場合は、朝食は抜かずに食べた方が良いでしょう。

 

また、身体をつくるために食事が必要な子どもも朝食は抜かない方が良いでしょう。

 

2 プチ断食の効果とデメリット

 

さらに、胃腸を休めるべく一日断食(プチ断食)を行うと、胃腸が休まって体調がよくなります。

 

ただし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある人はできません。

 

また、一日断食以上の断食は、お医者さんとよく相談して試すようにしてください。

 

とは言うものの、最近は便秘改善のアイテムが売れていることから考えても、便秘気味の方が多いかと思われます(私のように、下痢で悩んでいる方もいるとは思いますが……)

 

巷では腸内環境を整え、善玉菌を増やすことで便秘を改善できるとは言っていますが、具体的にどういう食品を摂取すれば良いのでしょうか。

 

3 善玉の腸内細菌細菌を増やすには

 

便秘改善のためには、どういう食品を摂取する、というのではなく、野菜が不足していたり、油分の多い食事が多かったりと、食事が偏りがちな人は、腸内に善玉菌よりも悪玉菌が多くなっている傾向にあります。

 

ですので、まずはバランスの良い食事を心掛けることが必要です。

 

そして、バランスが良い食事を心掛けた上で、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取すると、善玉菌を増やすことにつながります。

 

具体的には、ビフィズス菌であればヨーグルトや乳酸菌飲料。

 

乳酸菌であれば、ぬか漬けやキムチなどの発酵食品。

 

他には味噌や納豆、低温殺菌牛乳、チーズなども良いでしょう。

 

特に納豆は、後述するオリゴ糖を含むだけではなく、腸内の悪玉菌を殺す効果があるので一石二鳥のお勧め食品です。

 

善玉菌は、毎日腸内に補充するのが効果的なので、継続的な摂取を意識すべきです。

 

また、善玉菌の栄養源となるオリゴ糖、食物繊維、グルコン酸などを積極的に食事にとりいれることも良い便秘対策になります。

 

もともと腸内には善玉菌が存在しますので、その善玉菌に栄養を与えて増やしていく、という方法も有効なのです。

 

野菜や果物、豆類などに多く含まれるオリゴ糖や食物繊維は、善玉菌のエサとなることで増殖を促してくれます。

 

オリゴ糖を多く含む食品には、バナナや大豆、アスパラ、タマネギ、ゴボウなどが代表的です。

 

ハチミツには、オリゴ糖とグルコン酸の両方が含まれているのでお勧めの食品です。

 

善玉菌が優勢な状態なのか、悪玉菌が優勢な状態なのかチェックするには、毎日の便を観察することが大事です。

 

えぇ~、汚いよぉ~、というクレームがあなたから飛んできそうですが、我慢して下さい……(私も我慢して自分の便を観察しています)

 

理想的な便は、黄色から黄色がかった褐色でそれほど臭くなく、適度に柔らかい、バナナのような形状です。

 

逆に、色が黒っぽくて悪臭のある便が出たら、腸内細菌のバランスが悪くなっている証拠です。

 

また、下痢気味の時も腸内の状況が良くないので、食事に気をつけると良いでしょう。

 

以上の点をまとめると、

 

・ 便秘ダメ、NG!

・ 便秘改善のため、食事量が多い人は一日二食にするのが良い。腹八分目を目安に。(ただし、小食の人は朝食を抜かずに三食食べた方が良い)

・ 便秘改善には、善玉菌のエサになりやすい食事を心がける。

 

となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています