過労死ラインは残業80時間? 看護士の残業時間からそれが適当か考える

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
過労死ライン 残業80時間

おはようございますm(_ _)m

 

本日のテーマは、看護士の残業時間から、過労死ラインが本当に80時間なのか、それとも否なのかを考えたいと思います。

 

 

 

さて、『残業はそもそも違法である』と言われたら、あなたはどう思いますか?

 

デタラメ言ってんじゃねえ、とあなたは叫びたくなると思いますが、現実には、法定労働時間というものが存在します。

 

1日8時間、1週間で40時間と決められているのが法定労働時間です。

 

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s

 

本当であれば、この時間を超えて、例えば1日に9時間とか働かせることは、違法行為となる訳です。

 

残業させると違法になるので、違法行為にさせないために、36協定(サブロク協定)というものが存在します。

 

労働者に残業をさせることを、使用者と労働者の間で協定を結び、労働基準監督署に届出をすることで、残業をすることを法律として問題の無い状態にする訳です。

 

そうは言っても、36協定でも1カ月で45時間以上働かせるのはNGだよ、となっており、年間では360時間です。

 

ちなみに、小売業とかで用いられている変形労働時間制の場合ですと、1カ月で42時間となっていて、年間では320時間になっています。

 

じゃあ45時間ないしは42時間以上は残業できないようになっているのね、と言うとそうでもないのが日本の労働生産性が上がらない理由の一つだと吾輩、個人的には思います。

 

 

1 過労死ラインは残業80時間? 看護士の残業時間からそれが適当か考える

 

 

特別条件付き36協定というものが存在するのですが、こちらも普通の36協定同様、労働者の代表と使用者が話し合うことで決定できるものなんですが……

 

問題がありまして、この協定を結んでしまえば、ほぼ自由に会社の都合で労働時間を延ばせるんですね。

 

それこそ月間で80時間だの100時間だの200時間だの、ありえないくらいの残業をさせても法的に問題なくなる、という恐ろしい協定だと個人的には思います。

 

睡眠不足 高血圧

 

最近、さすがに無制限に働かせても良いという協定は問題があるだろう、ということで厚生労働省がようやく重い腰をあげました。

 

これまでは、月100時間以上の違法な長時間労働が3事業所で確認された場合、行政指導の段階で公表していたのですが、これを80時間超・2事業所に引き下げています。

 

これを参考にしているのかどうかはわかりませんが、政府も長時間労働を減らすために、残業時間の上限を月平均で60時間、忙しい時期にでも100時間以下にするような案を考えているそうです。

 

でも、ちょっと待てよ、100時間以下なら良い、ってこれは政府がお墨付きを与えているようなもので、過労死のラインは80時間とされているのにどういうこと?! と思っていたら、日本医療労働組合連合会(医労連)が異議を唱えた訳です。

 

3d726a89b8c25ffd9950bedc47356813_s

 

 

要約すると、医療は夜勤とかでも非常に疲れる仕事だから、60時間以下の基準にしてくれ、と。

 

確かに、医者や看護士は人の命を預かる仕事な訳ですから、その重圧は半端では無いはずです。

 

それで夜勤を2交代制でまわす、というのがそもそも無茶なんですが、その無茶を通さないと医療の現場が持たないという……

 

日本看護協会が残業に関する調査結果をまとめたところ、およそ2万人が過労死の危険がある月60時間以上の長時間残業をしているそうです……いや、これはおかしいだろうと言いたくなるんですが、普通に36協定以上は残業させない、という具合に作り直した方が良いんじゃないでしょうか?

 

そうすれば45時間以上は残業できない訳ですから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています