30代無職職歴無しの場合どうすれば良い?

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
30代 無職 職歴無し

さて、タイトル通りの状況の場合、どうすれば良いのかを今回は考えてみました。

 

と言っても、吾輩は職歴もありますし、一応正社員ではあるので、実体験、というのは程遠いです。

 

 

ただ、吾輩の従兄がこの状況なんですね。

 

彼は本当に、将来どうするつもりなのか、血縁者がほとんどいないので、吾輩に世話を見ろと言われてもどうすることも出来んぞと今から思っているのですが、その辺どうなんだろう、と今から何故かあまり関係の無い吾輩が心配しております。

 

 

1 30代無職職歴無しの場合どうすれば良い?

 

色々ネットで調べてみたら、竹原慎二さんが以下のような回答をしていました。

 

以下、参考までに。

 

========================================

竹原慎二のボコボコ相談室 Round.47

 

ニート歴10年、全く働く気なし。どうすべきかも分からない。

 

無職 Vさん(26歳)

 

全く働く気が起きないです。自分は小・中学校でいじめられて不登校になり、中学卒業後、高校へも行かず、仕事もせず、10年経って現在に至ります。
一日中パソコンに向かい、インターネットかゲームをして、部屋に引きこもっています。

 

親は「働いて欲しい」と言っていますが、全く働く気が起きず、「働いたら負けかな」とさえ思えてきます。

 

目指す夢も無く、したい職業もないのですが、これからどうしたら良いかさえ分かりません。

 

 

社会のために、そのまま引きこもっとけや。

 

 

 

お前の親に、養う能力がある限り、ニート続けときゃええ。今はただでさえ働き口がない世の中なんじゃけ。

 

おまえが引きこもってくれるおかげで、誰かが職にありつける。それでええじゃろ。

 

親にしてみりゃ厄介な子供じゃが、育て方にも問題があったんじゃ。しゃーないわな。

 

そのかわり、働く気もないくせに「社会が悪い」とか「政治が悪い」とか「派遣切りを許すな」とか エラそうなこと言うなよ。

 

部屋でだまってゲームやっとけ。それが社会の役に立つ正しいニートなんじゃ。

========================================

 

情け容赦ない答えだなぁ……でも働く気がないんだからアドバイスのしようがないでしょうか。

 

ちなみにこの相談内容、ネットでは見かけますが、現在のボコボコ相談室では見つけられませんでした。

 

確か就職氷河期が丁度終わって、リーマンショックから一年後程度の時期のはず(画像からは2009年、と書かれているので)

 

o0400025710536342301

 

こんな感じで、以前に掲載されていた情報であることは確かなんですけどね。

 

さて、吾輩も大学卒業後に半年でブラック企業辞めたんだけど、基本的に一つの職場で一年以上働いてない人の履歴書って、あまり見て貰えない、というのはこれまでにもシェアしています。

 

再就職までのブランク期間について面接官を納得させる理由

 

再就職にブランクが長いのは不利である

 

上記の記事でもシェアした通りです。

 

俺が面接した人達は皆パートさんだけで、面接した人数も両手で足りるくらいだから、吾輩の提示する回答は適切ではないかもしれませんが、30代無職でまともな職歴無し、でも働く意欲はあるんだ!

 

けど、どうすればいいのかわからない!という方。

 

ボコボコ相談室の回答が嫌なら、まず近くのハローワークに行くことをお勧めします。

 

職業相談を受けて、職業訓練を受けてみてはどうでしょう?

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/safety_net/a3.html

 

059493
WEBデザインやホームヘルパーの養成などの講座もあって、定員はありますが、やる気があれば資格も取れますし、ハローワークから就職口の斡旋もあります。

 

30代無職で職歴無しでも、やる気があるという方には、やる価値があると思いますよ。

 

また、12時間2交代制のキツイ職場にチャレンジ、という手も一応、あります。

 

とはいえ、肉体的にかなり辛いですし、何より面接官が『ウチの職場はキツイんだけど、これまで何も働いてこなかった人がいきなりウチで働こうって、無茶じゃない?』と思われる可能性がありますが、12時間2交代の職場であれば、人手不足な所は結構あると思いますので、下手な鉄砲数打ちゃ当たるではありませんが、面接を重ねていけば採用してくれる所はあるかもしれません。

 

ただ、採用して貰ったとしても、続けられるかどうかはわかりませんし、正社員での採用と言うのは相当に厳しいと言わざるを得ませんが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキングに参加しています